Function Reference

_Crypt_DecryptData

与えられた鍵を使用してデータを復号します。

#Include <Crypt.au3>
_Crypt_DecryptData($vData, $vCryptKey, $iALG_ID[, $fFinal = True])

 

パラメータ

$vData 復号するデータ
$vCryptKey パスワード。CALG_USERKEYフラグが指定されていた場合は鍵のハンドル。
$iALG_ID 使用するアルゴリズム
$fFinal [オプション] データが全データの一部だけの場合はFalse

 

返し値

成功: 復号されたデータを返します
@errorを0に設定します
失敗: -1を返し、@errorを設定します:
1 - 鍵を作成できません
2 - データの復号に失敗しました

 

注意

暗号化されたデータが実際には文字列の場合でも常に復号されたデータはバイナリ列として返されます(BinaryToStringでキャストして下さい)。

 

関連

_Crypt_EncryptData, _Crypt_Derivekey

 

こちらも参照

MSDNライブラリでCryptDecryptを検索して下さい。

 


#include <Crypt.au3>

; 文字列の復号化方法を示す例

Local Const $bEncrypted = Binary("0x040A0D2594CE1FFC8E4CE5BC14E8724B6B5900225EA8E45CF328" & _
        "9D0D6A48E490E53FB66F39FF5CA967C5F6CD04D399AF09E18E7A91EEA32F7BBBB714DEC6865128CE3A" & _
        "4F1BB826554B69B7AC96E8AAA639656F0323E34745167F4B72FF4984A1C4B81E1F66DDD9743B9C664406D76B52")


MsgBox(0, "Decrypted data", BinaryToString(_Crypt_DecryptData($bEncrypted, "once", $CALG_RC2)))