Function Reference

_Date_Time_FileTimeToSystemTime

ファイル時刻をシステム時間形式に変換します。

#Include <Date.au3>
_Date_Time_FileTimeToSystemTime($pFileTime)

 

パラメータ

$pFileTime システムの日付け/時刻に変換するファイル時刻を格納している$tagFILETIME構造体のポインタ

 

返し値

変換されたファイル時刻を格納している$tagSYSTEMTIME構造体を返します。

 

注意

なし。

 

関連

_Date_Time_FileTimeToDosDateTime, _Date_Time_FileTimeToLocalFileTime, $tagFILETIME, $tagSYSTEMTIME

 


#include <GuiConstantsEx.au3>
#include <Date.au3>
#include <WindowsConstants.au3>

Global $iMemo

_Main()

Func _Main()
    Local $hGUI, $tFile, $tSystem

    ; GUIを作成
    $hGUI = GUICreate("Time", 400, 300)
    $iMemo = GUICtrlCreateEdit("", 2, 2, 396, 296, $WS_VSCROLL)
    GUICtrlSetFont($iMemo, 9, 400, 0, "Courier New")
    GUISetState()

    ; ファイル時刻にエンコード
    $tFile   = _Date_Time_EncodeFileTime(@MON, @MDAY, @YEAR, @HOUR, @MIN, @SEC)
    $tSystem = _Date_Time_FileTimeToSystemTime(DllStructGetPtr($tFile))
    MemoWrite("System file time .: " & _Date_Time_SystemTimeToDateTimeStr($tSystem))

    ; ユーザーが終了するまでループ
    Do
    Until GUIGetMsg() = $GUI_EVENT_CLOSE

EndFunc   ;==>_Main

; メモコントロールに1行書き込む
Func MemoWrite($sMessage)
    GUICtrlSetData($iMemo, $sMessage & @CRLF, 1)
EndFunc   ;==>MemoWrite