Function Reference

_WordMacroRun

Visual Basicのマクロを実行します。

#include <Word.au3>
_WordMacroRun ( $o_object, $s_MacroName [, $v_Arg1 [, $v_Argn [, $v_Arg30]]] )

 

パラメータ

$o_object Word.Applicationオブジェクトのオブジェクト変数
$s_MacroName マクロの名前。テンプレート、モジュール、マクロ名を組み合わせて使用できます。(注意を参照)
$v_Arg1 [オプション] マクロに渡す1番目のパラメータ
$v_Argn [オプション] ...
$v_Arg30 [オプション] マクロに渡す30番目のパラメータ

 

返し値

成功: 1を返します
失敗: 0を返し@ERRORを設定します
@Error: $_WordStatus_Success = 正常終了
$_WordStatus_GeneralError = 一般的なエラー
$_WordStatus_ComError = Comエラー
$_WordStatus_InvalidDataType = 無効なデータ型
$_WordStatus_InvalidObjectType = 無効なオブジェクト型
@Extended: 無効なパラメータの数を格納

 

注意

ドキュメント名を指定した場合、あなたのコードからは現在のコンテキストに関連したドキュメント内のマクロのみ実行できます − 任意のドキュメント内の任意のマクロを実行することはできません。

 

関連

None.

 


; *******************************************************
; 例 1 - Wordウィンドウを作成。ドキュメントを開く
;               "Test"という引数をとる"My Macro"という名前のマクロを実行
;              変更を保存せずに終了
; *******************************************************
;
#include <Word.au3>
$oWordApp = _WordCreate (@ScriptDir & "\Test.doc")
_WordMacroRun ($oWordApp, "My Macro", "Test")
_WordQuit ($oWordApp, 0)