Method Reference (COM)

ControlTreeView

TreeView32コントロールにコマンドを送信します。

ControlTreeView "title", "text", "controlID", "command", "option1", "option2"

 

パラメータ

title 対象となるウィンドウのタイトル
text 対象となるウィンドウのテキスト
controlID 対象となるコントロール。Controlsを参照。
command コントロールに送信するコマンド(下記を参照)。
option1 コマンドによっては必要となる追加パラメータ。パラメータが必要ない場合は""を使用してください。
option2 コマンドによっては必要となる追加パラメータ。パラメータが必要ない場合は""を使用してください。

 

返し値

下表のコマンドによって異なります。エラーの場合(コマンド、ウィンドウ/コントロールの間違いなど)の場合 oAutoIt.errorを1にします。

コマンド、オプション1、オプション2 動作
"Check", "item" (アイテムがサポートしている場合) アイテムを調べます。
"Collapse", "item" アイテムをたたんで子アイテムを非表示にします。
"Exists", "item" アイテムが存在する場合、1を返します。それ以外の場合は0。
"Expand", "item" アイテムを展開して子アイテムを表示します。
"GetItemCount", "item" 選択されたアイテムの子アイテムの数を返します。
"GetSelected" [, UseIndex] アイテムのテキスト(UseIndexが1の場合はインデックス)を使って現在選択されているアイテムの参照を返します。
"GetText", "item" アイテムのテキストを返します。
"IsChecked" アイテムの状態を返します。1:チェックされている、0:チェックされていない、-1:チェックボックスではない
"Select", "item" アイテムを選択します。
"Uncheck", "item" (アイテムがサポートしている場合)アイテムを非選択にします。

 

注意

なし。

 

関連

ControlCommand, ControlDisable, ControlEnable, ControlFocus, ControlGetPos, ControlGetText, ControlHide, ControlClick, ControlListView, ControlMove, ControlSetText, ControlShow, StatusbarGetText, WinMenuSelectItem, WinGetClassList