Method Reference (COM)

WinMove

ウィンドウの位置/サイズを変更します。

WinMove "title", "text", x, y [, width [, height]]

 

パラメータ

title 位置/サイズを変更するウィンドウのタイトル
text 位置/サイズを変更するウィンドウのテキスト
x 位置変更先のX座標
y 位置変更先のY座標
width オプション:新しいウィンドウの幅
height オプション:新しいウィンドウの高さ

 

返し値

なし。

 

注意

WinMoveは最小化されたウィンドウには効果がありません。しかし、隠されたウィンドウには有効です。
widthとheightに小さな(あるいは負の)値を指定した場合でもウィンドウは112 x 27 ピクセル以下にはなりません。widthとheightに大きな値を指定した場合でもウィンドウはおおよそ[12+@DesktopWidth] x [12+@DesktopHeight]ピクセル以上にはなりません。
x、y座標には負の値を指定することができます。これによってウィンドウをスクリーン外に移動することができます。ウィンドウのプログラムがウィンドウの最終位置を記憶するタイプの場合、次回プログラムを実行時にはウィンドウはスクリーンの隅に(ウィンドウ全体が表示されるように)現れます。
もし複数のウィンドウが処理の対象に該当する場合、もっともアクティブなウィンドウが処理されます。

 

関連

WinActivate, WinClose, WinGetClientSize, WinGetPos, WinSetState

 

Set oAutoIt = WScript.CreateObject("AutoItX3.Control")
oAutoIt.WinMove "Untitled -", "", 0, 0, 200, 200