FreeCADメモ

コピーして円形に配置

2017/2/20
バージョン0.16
ソリッドを複数コピーして円形に配置する方法を説明します。この機能を使うと次のような形状を作成することが可能です。
ArrayPolar1 ArrayPolar2
  1. メニューの[File]-[New]で新しいドキュメントを作成します。
  2. Part DesignワークベンチPart workbenchに移動します。
  3. まずコピー元となるソリッドを作成しましょう。
    1. XY平面上に新しいスケッチ面を作成Sketcher_NewSketchします。
      Create Sketch スケッチ面の作成
    2. 図のように2つの直線Sketcher_Line、1つのポリラインSketcher_CreatePolyline、2つの円弧Sketcher_Arcを作成します。位置は拘束時に調整するのでおおまかで構いません。
      ScreenShot1
    3. 一致拘束Constraint_PointOnPointで下図のようにワイヤーをつなぎます。この時、円弧を作る2直線の始点を原点に一致させておきます。
      ScreenShot2
    4. 右側の円弧を作る直線とそこから伸びる直線を選択して平行拘束Constraint_Parallelをかけます。左側も同様に拘束します。
      ScreenShot3
    5. 円弧を作る2直線を選択して角度拘束Constraint_InternalAngleをおこないます。角度は15°とします。
      ScreenShot4
    6. 円弧を作る2直線を選択して補助線切り替えSketcher_AlterConstructionをおこないます。補助線になると線の色が青くなります。
      ScreenShot5
    7. コンボ・ビューのタスク・タブにある[Close]をクリックしてスケッチ編集モードを終了した後、パッドPartDesign_Padで押し出します。これでコピー元となるソリッドが完成します。
      ScreenShot6
  4. 次にコピーと円形配置をおこないます。DraftワークベンチDraft workbenchに移動してください。
  5. モデル・ツリーで「Pad」を選択し、配列ツールDraft_Arrayを実行します。
  6. モデル・ツリーで新たに作成された「Array」を選択するとコンボ・ビュー下部にあるデータ・タブで配列タイプ、円形配置時の回転軸、コピー数などを設定することができます。
    Array-Combo-data
  7. 今回は以下のパラメーターのみ設定して円形に12個コピーをおこないます。
    • Array Type : Polar
    • Number Polar : 12
  8. コピーが終わると図のようになります。
    ArrayPolar3
    例えば円盤状のソリッドからこの円形配置したソリッドをブーリアン演算で減算すれば歯車状のソリッドを作成することができます。
    ArrayPolar4
参照
戻る