FreeCADメモ

部品の表示設定(色、質感、透明度など)

2017/7/25
バージョン0.16
部品の表示状態を設定する方法を説明します。この機能を使うと形状の色を変更したり、質感を金属的にしたり、形状を半透明にしたりすることが可能です。
pipe-default 標準表示
pipe-chrome クロムの質感で表示
pipe-default 半透明表示
  1. モデルツリー上で表示を変更したい部品を選択して右クリックメニューの「Appearance...」を実行すると「Display properties」ダイアログが表示されます。
    context-Appearance 「Appearance...」を選択
    Display-properties 「Display properties」ダイアログ
  2. 「Viewing mode」で表示モードを変更できます。選択できるモードは「Flat Lines(デフォルト)」「Shaded」「Wireframe」「Points」です。
    pipe-default Flat Lines 表示
    pipe-Shaded Shaded 表示
    pipe-Wireframe Wireframe 表示
    pipe-Points Points 表示(点の大きさ 10 として表示)
  3. 「Material」にあるコンボボックスで質感(材質)を変更できます。プリセットとしてクロム、プラスチック、石など20種類ほどの材質が用意されています。
    pipe-chrome クロム
    pipe-plastic プラスチック
    pipe-stone
    材質コンボボックスの横の[...]ボタンを押して「Material properties」ダイアログを開き、独自の材質を定義することもできます。
    Material-properties 「Material properties」ダイアログ
    また「Shape color」で形状の色を、「Line color」で線の色を設定できます。
  4. 「Display」で形状の透明度、また点の大きさや線の太さを変更できます。
    pipe-transparency-70 透明度70で表示
    pipe-line1-point1 点の大きさ 1、線の太さ 1 で表示
    pipe-line5-point10 点の大きさ 10、線の太さ 5 で表示
  5. 変更が終わったら[Close]を押して「Display properties」ダイアログを終了します。
  6. なお、材質以外の属性はコンボ・ビュー下部のビュー・タブで変更することも可能です。
    Fan ビュー・タブ
戻る