FreeCADメモ

Windowsでのインストール方法

2017/11/7 更新
バージョン0.16
  1. インストーラーを以下のサイトからダウンロードします。

    Release・FreeCAD/FreeCAD・GitHub

    バージョン0.16の最新リリース版は「0.16 Backport Release」ですが64ビット版しか提供されていません。もし32ビット版が必要な場合はバージョン0.16の初期リリース版である「FreeCAD 0.16」を使用してください。

    Windowsが64ビット版の場合は「FreeCAD-0.16.6712_x64_setup.exe」、32ビット版の場合は「FreeCAD.0.16.6706.f86a4e4-WIN-x86-installer.exe」をダウンロードしてください。

    FreeCAD GitHub Screen Shot GitHub の FreeCAD リリースページ
  2. ダウンロードしたインストーラーを実行します。

  3. 使用許諾契約画面が表示されるので問題なければ[I Agree]をクリックして承諾します。

    InstallOnWindows1
  4. インストール場所の設定をおこないます。通常は設定を変更する必要はありません。[Next >]をクリックして次に進みます。

    InstallOnWindows2
  5. インストール設定をおこないます。FreeCADをPythonからモジュールとして使う場合は[Add to PYTHONPATH]にチェックをいれます。通常は設定を変更する必要はありません。[Install]をクリックするとインストールが開始されます。

    InstallOnWindows3
  6. マシン環境によりますがインストール作業には数十秒から数分の時間がかかります。

    InstallOnWindows4
  7. 「Completed」と表示されてインストール終了したら[Close]をクリックしてインストールを終了します。

    InstallOnWindows5
  8. インストール位置の「bin\FreeCAD.exe」からFreeCADを起動できます(インストール位置が「C:\Program Files\FreeCAD 0.16」の場合は「C:\Program Files\FreeCAD 0.16\bin\FreeCAD.exe」)。

参照
戻る