FreeCADメモ

3次元形状から2次元図面を作成する

2017/2/20
バージョン0.16
ここでは作成した3次元形状から2次元図面を作成する手順を説明します。
DrawingView1
DrawingView2
  1. 3次元形状を作成後、DrawingワークベンチDrawing workbenchに移動します。
  2. 新しいA3ランドスケープ図面Drawing_Landscape_A3で2次元図面ページを作成します。
  3. モデル・ツリー上で3次元形状を選択し、ビューの挿入Drawing_Viewを実行してページに挿入します。
  4. デフォルトでは挿入したビューはページの左上に表示されます。ツリーで挿入したビューを選択し、コンボ・ビューのデータ・タブで位置、視点方向、拡大率などを調整します。
    DrawingView3
    DrawingView4
    主なプロパティーは以下の通りです。
    • Line Width : 線の太さ
    • Hidden Width : 隠線の太さ
    • X : 表示位置X座標
    • Y : 表示位置Y座標
    • Scale : 拡大縮小率
    • Rotation : 回転角度(回転軸は画面垂直方向)
    • Direction : 視線方向
    • Show Hidden Lines : 隠線を表示するかどうか
    • Show Smooth Lines : 曲面との境界線を表示するかどうか
  5. 同じ手順で必要なだけビューを挿入します。
    DrawingView3
    DrawingView4
  6. 注釈ツールDrawing_Annotation、記号ツールDrawing_Symbolを使って文字や、画像(SVG形式)を挿入することも可能です。
    DrawingView3
    DrawingView4
  7. ページの保存Drawing_Saveで作成した2次元図面をSVG形式ファイルに保存します。寸法線などのさらに細かい書き込みが必要な場合はSVG形式に対応した汎用ドローイングツール(Inkscapeなど)で編集をおこないます。
    DrawingView7
参照
戻る