FreeCADメモ

スケッチ形状からソリッドを作成する

2017/2/12 更新
バージョン0.16
  1. メニューの[File]-[New]で新しいドキュメントを作成します。
  2. Part DesignワークベンチPartDesignワークベンチに移動します。
  3. ツールバーからスケッチの作成Sketcher_NewSketchを選択し、表示されるダイアログで以下のパラメーターを設定します。OKをクリックすると新しいスケッチ面が作成されます。
    • Sketch orientation : XY-Plane
    • Reverse direction : チェックなし
    • Offset : 0.0
    Create Sketch スケッチ面の作成
  4. ツールバーから円の作成Sketcher_Circleを選択してスケッチ上に適当な円を描きます。
    Create Circle 円の作成
  5. 円の中心をクリックすると選択状態(緑色)になります。選択後、ツールバーからロック拘束Sketcher_ConstrainLockを選択します。
    Lock Center 中心点の拘束
  6. 3Dビュー上に中心点の座標が数字で表示されるので数字をダブルクリックしてそれぞれ「0」と入力すると、円の中心が原点に拘束されます。
  7. 続いて円を選択し、半径拘束Constraint_Radiusを選択します。
    Lock Radius 半径の拘束
  8. 3Dビュー上に半径が数字で表示されるので数字をダブルクリックして「20」と入力すると円の半径が20に拘束されます。これでスケッチが完全拘束されました。完全拘束されたスケッチは表示が緑色に変わります。
  9. コンボ・ビューのタスク・タブの[Close]をクリックしてスケッチ編集を解除します。
  10. モデル・ツリー上で作成したスケッチを選択し、パッドPartDesign_Padを選択すると押し出し操作が開始されます。コンボ・ビューのタスク・タブで押し出し量「20mm」を設定し、OKをクリックします。
    Extrude 押し出し
  11. 以上で中心(0, 0)、半径20、高さ20の円筒を作成できました。同様の手順で任意のスケッチ形状からソリッドの作成が可能です。
参照
戻る