FreeCADメモ

断面形状をつないで複雑な形状を作成する(ロフト機能)

2017/2/12 更新
バージョン0.16
  1. メニューの[File]-[New]で新しいドキュメントを作成します。
  2. メニューの[View]-[Workbench]-[Part Design]でPart DesignワークベンチPartDesignワークベンチに移動します。
  3. 下図のようにZ軸に垂直な3つのスケッチ形状を作成します。モデル・ツリーでドキュメントを選択してからスケッチを作成することで複数スケッチを作成できます。スケッチ作成については「スケッチ形状からソリッドを作成する」を参照してください。
    SketchesForLoft スケッチ
  4. メニューの[View]-[Workbench]-[Part]でPartワークベンチPartワークベンチに移動します。
  5. ツールバーからロフトPart_Loftを選択し、コンボ・ビューのタスク・タブで全てのスケッチをロフトの対象に設定します。スケッチの連結は設定順序に従って行われます。今回はSketch→Sketch001→Sketch002の順番に連結することにします。
    Loft-Task ロフトツール
  6. [OK]をクリックするとスケッチが連結されてロフト形状が作成されます。
    Loft ロフトの結果
※Draftワークベンチで作成した断面形状がロフトの対象として表示されない場合、その形状が面である可能性があります。ロフトの対象となるのは節点またはワイヤーなのでDraftワークベンチ(ツールバーのコンボボックス)でダウングレードDraft_Downgradeを行なって面をワイヤーに変換してください。
参照
戻る