FreeCADメモ-チュートリアル 建築ワークベンチ初歩

建築ワークベンチ初歩-ステップ1

更新:2017/9/26
バージョン0.16

チュートリアル内容

作るもの・・簡単な家屋とその見取り図
使用するFreeCADのバージョン・・0.16
完成形状 完成形状
見取り図 見取り図

マウス操作

選択平行移動拡大縮小回転
mouse_select_CAD mouse_pan_CAD mouse_zoom_CAD mouse_rotate_CAD または mouse_rotate_CAD2
※他にもInventor互換モード、Blender互換モード、タッチパッドモードなどがあります。FreeCAD メモ-マウス操作の設定を参照してください。

壁の作成

  1. スケッチ面の作成

    ワークベンチをパートデザインワークベンチWorkbench_PartDesignへ切り替え、新しいスケッチ平面を作成Sketcher_NewSketchします。
    パラメーターは変更不要です。スケッチ平面の作成ダイアログの[OK]をクリックします。
    スケッチ平面の作成ダイアログ スケッチ面の作成ダイアログ
  2. スケッチの作成

    連続線の作成Sketcher_CreatePolylineを選択し、おおまかな壁の形を描きます。
    おおまかなスケッチ おおまかなスケッチの作成
  3. 寸法の指定

    水平距離拘束Constraint_HorizontalDistance、垂直距離拘束Constraint_VerticalDistanceを使用して、下図の様に各壁の寸法を指定します。
    寸法の指定 寸法の指定
  4. 位置の指定

    スケッチ右上の点を選択し、座標拘束Sketcher_ConstrainLockで座標(10, 8)mに拘束します。これでスケッチが完全拘束され、緑色で表示されます。完全拘束したらCloseをクリックしてスッケチ編集を終了します。
    位置の指定 位置の指定
  5. 壁の立体化

    ワークベンチを建築ワークベンチWorkbench_Archへ切り替えます。モデルツリー上で作成したスケッチを選択し、壁の作成Arch_Wallを実行すると壁が立体化されます。
    壁の立体化 壁の立体化
    壁の高さ、厚みはコンボ・ビューのデータ・タブで変更可能です。今回はデフォルトである高さ3m、厚み0.2mのまま作業を行うので変更する必要はありません。
    壁の高さ、厚み 壁の高さ、厚み
続いて窓とドアを作成していきます。

目次 1 2 3 4