FreeCADメモ-チュートリアル 固有振動の計算

固有振動の計算-ステップ1

2017/3/10
バージョン0.16

チュートリアル内容

L字型の留め具の固有値解析を行い、共振を起こしやすい振動数とその際の振動の様子を確認します。さらに形状の変更を行ってそれによる改善結果を確認します。

計算前の形状 計算前の形状
計算の結果 計算の結果の1例

形状の作成

  1. スケッチ面の作成

    ワークベンチをパートデザインワークベンチWorkbench_PartDesignへ切り替え、新しいスケッチ平面を作成Sketcher_NewSketchします。
    パラメーターは変更不要です。スケッチ平面の作成ダイアログのOKをクリックします。
    スケッチ平面の作成ダイアログ スケッチ面の作成ダイアログ
  2. スケッチの作成

    連続線の作成Sketcher_CreatePolylineを選択し、留め具のおおまかな形を描きます。
    おおまかな形の作成 おおまかな形の作成
    水平距離拘束Constraint_HorizontalDistance、垂直距離拘束Constraint_VerticalDistanceを使用して、縦横の寸法を100mm、幅を30mmに拘束します。
    寸法の拘束 寸法の拘束
    ねじ留め位置として4カ所に穴のスケッチを作成します。
    折れ曲がり部の丸め ねじ留め位置に穴あけ
    半径拘束Constraint_Lengthを使用して穴の半径を5mmにし、距離拘束Constraint_Lengthを使用して穴の位置を下図のように拘束します。
    丸め半径の拘束 ねじ留め位置の拘束
    最後に一致拘束Constraint_PointOnPointを使用してスケッチ面原点とスケッチ左下部の点を一致させると、スケッチが完全拘束状態になり緑色で表示されるのでタスク・タブのCloseを押してスケッチ編集を終了します。
    ねじ留め位置への穴あけ 完成したスケッチ
  3. 押し出し

    垂直押し出しPartDesign_Padを使用して、作成したスケッチを押し出し寸法5mmで押し出すと解析対象となる形状ができあがります。
    解析対象となる形状 解析対象となる形状
次に解析の設定を行います。

目次 1 2 3