FreeCADメモ-チュートリアル パイプ用留め具

パイプ用留め具-ステップ2

作成:2016/5/8
バージョン0.16

台座部の穴あけ用スケッチの作成

  1. スケッチ面の作成

    台座部の上面の一方を選択し、新しいスケッチ平面を作成Sketcher_NewSketchします。
    台座部の上面の一方を選択 台座部の上面の一方を選択
  2. 垂直方向の補助線の作成

    位置合わせ用に台座部の両端の辺(矢印部)から補助線を作成Sketcher_Externalします。
    外部形状から補助線を作成
  3. 水平方向の補助線の作成

    補助線切り替えSketcher_AlterConstructionをクリック後、連続線の作成Sketcher_CreatePolyline_Constrで下図のように3つの線分に分かれた連続線を描きます。
    作成後に再度、補助線切り替えSketcher_AlterConstructionをクリックして補助線作成モードを解除します。
    補助線用の連続線の作成
    作成した連続線を選択し、水平拘束Constraint_Horizontalで拘束して水平にします。Ctrlキーを押しながらクリックすることで複数の線を選択可能です。
    連続線の水平拘束
    連続線の両端の線分を選択し、等値拘束Constraint_EqualLengthで拘束して長さを揃えます。
    等値拘束を使用して長さを揃える
  4. 穴あけ用スケッチの作成

    円の作成Sketcher_Circleでおおよその位置に穴あけ用の円を2つ作成します。
    円の作成
    一致拘束Constraint_PointOnPointを使用して、左右それぞれの円の中心と補助線の分点を一致させます。
    中心点の位置を拘束
    両方の円を選択し、等値拘束Constraint_EqualLengthで拘束して半径を揃えます。
    半径を揃える
  5. 寸法の指定

    片方の円を選択し、半径拘束Constraint_Lengthを使用して半径を5mmに拘束します。また水平距離拘束Constraint_HorizontalDistance、垂直距離拘束Constraint_VerticalDistanceを使用して位置を(-12.5mm、12.5mm)に拘束します。
    すでに左右で半径・位置が揃うように拘束しているので、反対側の円の半径・位置を拘束する必要はありません。
    以上でスケッチが完全拘束状態になり緑色で表示されるのでTasksタブの[Close]を押してスケッチ編集を終了します。
    寸法の指定

台座部の穴あけ用スケッチの作成

モデルツリーで作成したスケッチを選択し、切り抜きPartDesign_Pocketを実行します。切り抜きタイプで「Through all(貫通)」を選択後、[OK]を押して実行します。
切り抜きのダイアログ
切り抜き結果

目次 1 2 3