FreeCADメモ-チュートリアル パイプ用留め具

パイプ用留め具-ステップ3

作成:2016/5/8
バージョン0.16

角の丸め

  1. 下図のように上部のふち全体を選択して角の丸めPartDesign_Filletを使用して半径1.5mmで丸めます。Ctrlキーを押しながらクリックすることで複数の線を選択可能です。
    丸める辺の選択
    1.5mmで丸めた結果
  2. 下図のように台座の付け根部分の辺を選択して角の丸めPartDesign_Filletを使用して半径3mmで丸めます。
    丸める辺の選択
    3mmで丸めた結果

完成した形状

以上でパイプ用取り付け具の形状ができあがりました。
完成形状

パラメトリックな形状変更

以上でいったんパイプ用留め具の形状は完成しましたが、次にパイプ半径の変更があった場合を想定してパラメトリックな形状変更を行ってみます。
  1. スケッチを編集モードに切り替え

    FreeCADのモデルツリーは形状の変更履歴と対応しています。パイプ半径を変更するためにパイプ半径が定義されているスケッチ「Sketch」をモデルツリー上でダブルクリックして編集モードに切り替えます。
    モデルツリー モデルツリー
  2. パイプ半径の変更

    スケッチ上のパイプ半径定義(「21mm」という数字)をダブルクリックして、15.5mmに変更します。数値変更後にTasksタブの[Update]をクリックすると最終形状が再計算されて形状変更が行われます。
    Tasksタブの[Update]ボタン Tasksタブの[Update]ボタン
    パイプ半径定義の変更 パイプ半径定義の変更
  3. 取り付け具半径の変更

    さらに取り付け具自体の半径定義(「25mm」という数字)をダブルクリックして、20.0mmに変更します。Tasksタブの[Update]をクリックして最終形状を更新したら[Close]をクリックして編集を終了します。
    取り付け具の半径定義の変更(変更前)
    取り付け具の半径定義の変更(変更後)
  4. 半径変更後の最終形状

    以上で最終的な形状が得られました。
    パイプ半径変更後の完成形状

目次 1 2 3