FreeCADメモ-チュートリアル マグカップ

マグカップのモデリング-ステップ1

2015/7/24

チュートリアル内容

作るもの・・マグカップ
使用するFreeCADのバージョン・・0.15
マグカップ

マウス操作

選択平行移動拡大縮小回転
mouse_select_CAD mouse_pan_CAD mouse_zoom_CAD mouse_rotate_CAD または mouse_rotate_CAD2
※他にもInventor互換モード、Blender互換モード、タッチパッドモードなどがあります。FreeCAD メモ-マウス操作の設定を参照してください。

基本形状の作成

  1. スケッチ面の作成

    ワークベンチをパートデザインワークベンチWorkbench_PartDesignへ切り替えます。
    Sketcher_NewSketch新しいスケッチ平面を作成します。
    パラメーターは変更不要です。スケッチ平面の作成ダイアログの OK をクリックします。
    スケッチ平面の作成ダイアログ スケッチ平面の作成ダイアログ
  2. カップ部分スケッチの作成

    Sketcher_Circle円の作成:ツール選択後、2点を選択して円を作成します。
    円の作成 円の作成

    Constraint_Radius半径の拘束:円をクリック後、ツールを選択します。表示されたダイアログに 40mm と入力して半径を拘束します。
    半径の拘束 半径の拘束

    Constraint_PointOnPoint円中心の拘束:円の中心とスケッチ原点の2点を選択後、ツールを選択して円の中心とスケッチ原点を一致拘束させます。
    円中心の拘束 円中心の拘束

    スケッチが完全拘束状態になり、緑色に変わったらタスク・タブの Close をクリックしてスケッチ編集を終了します。
    完全拘束状態 スケッチ編集の終了
  3. 立体化

    PartDesign_Padスケッチの押し出し:モデルツリー上で作成したスケッチを選び、押し出しツールを実行します。ダイアログで押し出し長さを 95mm に設定して OK をクリックします。
    押し出し後 押し出しダイアログ
    押し出し後 押し出し後
  4. 立体の空洞化

    空洞化のためのツールを使うためにワークベンチをパートワークベンチパートワークベンチへ切り替えます。

    Part_Thickness立体の空洞化:作成した円筒の上面をクリックして選択し、ツールを実行します。ダイアログで厚みを 4mm に設定して OK をクリックします。
    厚みダイアログ 厚みダイアログ
    面の選択 面の選択
    厚みツール適用後 空洞化後

目次 1 2 3