FreeCADメモ-チュートリアル マグカップ

マグカップのモデリング-ステップ3

2015/7/24

基本形状と取っ手の一体化

マグカップの基本形状のソリッドと取っ手のソリッドをまとめて1つのソリッドにします。

Part_Fuseソリッドの一体化:モデルツリーで基本形状と取っ手を選択してツールを実行します。
一体化前のモデルツリー 一体化前のモデルツリー
一体化後 一体化後のモデルツリー
ソリッドの一体化 ソリッドの一体化

縁の丸め

マグカップの縁を丸めます。

  1. ワークベンチをパートデザインワークベンチWorkbench_PartDesignへ切り替えた後、マグカップの縁部分を選択します。Ctrl キーを押しながらクリックすることで複数の線を選択できます。
    縁部分をクリックして選択 縁部分をクリックして選択
  2. PartDesign_Filletフィレット:ツールを実行して丸め半径として 1mm を入力し、OKをクリックします。
    フィレットのダイアログ フィレットのダイアログ
    フィレット作成後 フィレット作成後

形状の変更

いったん形状ができあがりましたが、FreeCADでの形状変更のやり方を確認するために次に取っ手の形状を変更します。

  1. まず変更作業しやすいように形状を半透明にします。モデルツリー上で形状 Fillet を選択し、ツリー下部にある View タブのプロパティーで「Transparency(透明度)」を 70 に変更します。

    View タブの透明度プロパティー View タブの透明度プロパティー
    スケッチ平面の作成ダイアログ(XZ平面) 半透明化したソリッド
  2. 次にモデルツリー上で取っ手のスイープ径路として使用した Sketch001 をダブルクリックし、編集モードにします。

    モデルツリー モデルツリー
    スケッチの編集 スケッチの編集
  3. 寸法表示の数値をクリックして取っ手下側付け根のZ座標を 25mm から 15mm に、持ち手部分の長さを 25mm から 35mm に変更します。

    付け根のZ座標を 25mm から 15mm に変更 付け根のZ座標を 25mm から 15mm に変更
    持ち手部分の長さを 25mm から 35mm に変更 持ち手部分の長さを 25mm から 35mm に変更
  4. 変更されたスケッチに基づいて最終形状が再計算されたらダイアログの Close をクリックして編集を終了します。

    形状変更後のスケッチ 形状変更後のスケッチ
  5. 形状変更が終わったら透明度を 0 に戻しておきます。

    形状変更後のソリッド 形状変更後のソリッド

色の変更

最後にソリッドの色を変更します。モデルツリー上で形状 Fillet を選択し、ツリー下部にある View タブのプロパティーで「Shape color(形状の色)」を (Red, Green, Blue) = (84, 171, 255) に変更します。

View タブの形状の色プロパティー View タブの形状の色プロパティー
色を変更したソリッド 色を変更したソリッド

完成

以上でマグカップ形状が作成できました。

完成したマグカップ形状 完成したマグカップ形状

目次 1 2 3