FreeCADメモ-チュートリアル

初心者向けモデリング-ステップ1

作成:2014/9/24
更新:2016/4/26
バージョン0.16

チュートリアル内容

作るもの・・スマホカバー
使用するFreeCADのバージョン・・0.16
AboutTraining

モデル情報

スマホサイズ  123.83×58.57×7.6 mm
クリアランス(あそび)  1 mm 、壁厚さ  1.2 mm
角R 11.6 mm
※演習用の適当な値です。実際のスマホ用に作成する場合は機種に合わせて調整してください。
iphone-top
Kelvinsong http://commons.wikimedia.org/wiki/File:IPhone_5S_front_camera.png

マウス操作

選択平行移動拡大縮小回転
mouse_select_CAD mouse_pan_CAD mouse_zoom_CAD mouse_rotate_CAD または mouse_rotate_CAD2
また中央ボタンが無いマウス用に以下の操作も用意されています。
平行移動拡大縮小回転
CTRL + mouse_pan_CAD_2クリック
  1. CTRL + mouse_pan_CAD_2クリック
  2. CTRL + mouse_zoom_CAD_2クリック
  1. CTRL + mouse_pan_CAD_2クリック
  2. CTRL + mouse_rotate_CAD_2
※他にもInventor互換モード、Blender互換モード、タッチパッドモードがあります。FreeCAD メモ-マウス操作の設定を参照してください。

基本形状の作成

  1. スケッチ面の作成

    パートデザインワークベンチに切り替え、新しいスケッチ平面を作成します。
    Workbench_PartDesignパートデザインワークベンチへ切り替えます。
    Sketcher_NewSketch新しいスケッチ平面を作成します。
    パラメーターは変更不要です。新しいスケッチ平面の作成ダイアログのOKをクリックします。
    NewSketchDialog
  2. おおまかな形状の作成

    Sketcher_CreateRectangle四角形の作成:ツール選択後、2点を選択して四角形を作成します。
    base1

    Sketcher_CreateFilletフィレットを作成(4ヶ所):ツール選択後、2辺を選択してフィレットを作成します。同じ操作を繰り返して四角形の4隅にフィレットを作成してください。
    base2
  3. サイズ指定

    Constraint_Radiusフィレットの半径を拘束:円弧を選択後、ツール選択してフィレットの半径を 12.1mm に拘束します。
    base3

    Constraint_HorizontalDistance Constraint_VerticalDistance基本形状の縦横長さを拘束:スケッチの上辺・下辺の2点を選択後、ツール選択して縦長さを縦 124.83mm に拘束します。同様にして左辺・右辺の2点を選択後、横長さを 59.57mm に拘束します。
    base4

    Constraint_PointOnPoint位置の拘束:スケッチ上の1点とスケッチ平面の原点を選択して一致拘束させます。これでスケッチが完全拘束され緑色で表示されます。
    base5
  4. スケッチ編集終了

    TasksタブのCloseボタンをクリックしてスケッチ編集を終了します。
    SketchDialog1
  5. 押し出し

    PartDesign_Pad作成したスケッチを押し出し:押し出し長さ 7.6mm で押し出しを行います。
    Padding

シェル化

Workbench_Partパートワークベンチへ切り替えます。
Part_Thickness基本形状の上面を選択した状態でシェル化:壁厚み 1.2mm で厚みツールを適用します。
Thickness1シェル化前
Thickness2シェル化後

目次 1 2 3