共産党宣言 カール・マルクス、フリードリッヒ・エンゲルス

第3章 社会主義的および共産主義的文献


1.反動的社会主義

A.封建的社会主義

近代ブルジョワ社会に対抗してパンフレットを書くことは、その歴史的地位からいって、フランスとイギリスの貴族階級の使命でした。1830年7月のフランス革命でも、イギリスの選挙改革運動でも、こうした貴族階級はまたしても憎むべき成り上がり者に屈したのでした。それ以来、深刻な政治的闘争は、全く問題とはならなくなりました。できることといえば、文筆の戦いだけでした。しかし文筆の領域でさえ、王政復古時代を求める古い標語は、不可能となったのです。

共感を呼び起こすためには、貴族階級は見かけ上は自分たちの利害を忘れ、搾取されている労働階級の利害だけに基づいた、ブルジョワに対する告発状を作成しなければなりませんでした。こうして貴族階級は新しい主人に対する風刺詩を歌い、来るべき破局についての不吉な予言をその耳に囁くことで、恨みを晴らしたのです。

こうして、封建的社会主義が生まれたのです。それは半ば悲哀詩であり、半ば諷刺詩でした。半ば過去の残響であり、半ば未来の威嚇でした。同時に、その苦く、機智に富んだ、辛辣な批評は、ブルジョワジーのまさに心の奥底をうったのでした。しかし近代の歴史の進展をまるで理解できず、その効果はいつも滑稽なものでした。

自分たちの回りに人々を糾合しようと、貴族階級は旗印としてプロレタリアの施し袋を前面で打ち振りました。しかし人々は、時にはそれに参加したものの、その体の背面に古い封建的な陣羽織を見て、不遜な大笑いをして見捨てたのでした。

フランスの正統王朝派の一分派と「若きイギリス」の一統がこの見世物を演じたのでした。

封建主義者は、自分たちの搾取様式がブルジョワジーの搾取様式とは違うことを強調しては、自分たちが全く違う、今では時代遅れの状況と条件の下で搾取してきたことを忘れ去ります。自分たちの支配の下では、プロレタリアートは決して存在しなかったことを示しては、近代ブルジョワジーが自分たちの社会形態の必然的な所産であることを忘れ去るのです。

結局、封建主義者はその批判の反動的な性格をほとんど隠すことがないので、彼らのブルジョワに対する主要な告発は次のようなものになるのです。すなわちブルジョワ体制の下では、古い社会秩序というその根も枝も切り払われる定めの階級が発展するということに。

封建主義者がブルジョワジーを厳しく非難することは、ブルジョワジーがプロレタリアートを創り出したことではなくて、革命的プロレタリアートを創り出したことなのです。

だから、政治的な実践では、封建主義者は労働階級に対するあらゆる矯正施策に参加し、日常生活では、非常に非難めいた文句にもかかわらず、産業の木から落ちた黄金の林檎を拾おうとかがみ込み、羊毛やビート砂糖やジャガイモ酒精の交易に目が眩んで、真理や愛や名誉を売り渡したのです。

牧師はずっと土地所有者と手を携えてきたので、牧師社会主義は封建社会主義になってしまいます。

キリスト教的禁欲主義に社会主義的色合いを施すことほど簡単なのことはありません。キリスト教は私的所有に対し、結婚に対し、国家に対し、熱弁をふるって攻撃したのではなかったでしょうか。キリスト教はこういうものにかえて、慈悲と清貧を、独身生活と肉の禁欲を、修道院生活と母なる教会を説いて回ったのではなかったでしょうか。キリスト教社会主義とは、貴族階級の不平不満を聖化するのに使われる聖水にすぎないのです。

B.プチ・ブルジョワ社会主義

封建的貴族階級は、ブルジョワジーが破滅させた唯一の階級ではありませんし、近代ブルジョワ社会という環境の中で生存条件が衰え消えうせた唯一の階級でもありません。中世の正市民と小農地所有者は近代ブルジョワジーの先駆者でした。工業的にも商業的にもあまり発展してない国では、この二つの階級はまだ、勃興するブルジョワジーと並んで成長しています。

近代文明が十分に発展した国では、プチ・ブルジョワという新しい階級が形成され、プロレタリアートとブルジョワジーの間を揺れ動きながら、ブルジョワ社会の補完物としてたえず新たに復活します。この階級の個々の成員は、競争の作用で絶え間なくプロレタリアートの中に投げ込まれ、また、近代工業が発展するにつれ、自分たちが近代社会の独立した部分としては完全に消滅し、工場でも農業でも商業でも、監督者や農場管理人や店員にとってかわられる瞬間が近づきつつあることを理解さえしているのです。

フランスのような、人口の過半数を農民が占めている国では、ブルジョワジーに対抗してプロレタリアートの側につく著述家は、当然にも、ブルジョワ体制を批判するにあたって、農民やプチ・ブルジョワの尺度基準を使い、こういう中間階級の立場から労働階級の権利を擁護してきました。こうしてプチ・ブルジョワ社会主義が生まれました。シスモンディが、フランスだけでなくイギリスでも、この学派の頭目です。

この社会主義の学派は、近代的生産条件の矛盾を極めて鋭く分析しました。それは経済学者の偽善的な弁解を暴きたてました。機械と分業の破滅的効果、資本と土地の少数者への集中、過剰生産と恐慌を、議論の余地もないほどに明らかにし、プチ・ブルジョワと農民の避けがたい没落、プロレタリアートの悲惨、生産の無政府状態、富の分配のはなはだしい不平等、国民間の産業殲滅戦、古い道徳的絆や古い家族関係、古い国民性の解体を指摘してきたのです。

しかし、この形態の社会主義は、その積極的な目標では、古い生産手段と交換手段を復活し、それとともに古い所有関係と古い社会を復活することか、あるいは近代的な生産手段と交換手段を、そういう手段が爆砕してしまったか、きっと爆砕するにちがいない古い所有関係の枠組の内部に閉じ込めようと切望するのです。どちらの場合も、それは反動的でかつユートピア的なのです。

この社会主義の臨終の言葉は、工場にはギルドの団体を、農業では家父長制的関係を、なのです。

最終的には、強固な歴史的事実が自己欺瞞の酩酊効果を追い払うと、この社会主義の形態はみじめな憂鬱症の発作に終ったのでした。

C.ドイツ社会主義あるいは「真正」社会主義

フランスの社会主義的,共産主義的文献は,権力の座についたブルジョワジーの圧迫の下で生まれ、この権力に対する闘争を表現したものだったのですが、それがドイツに紹介されたのは、ちょうどドイツでブルジョワジーが封建的絶対主義と闘争を始めたときでした。

ドイツの哲学者や哲学志望者、才人たちは熱心にこういう文献に飛びつきました。ただ、これらの著作がフランスからドイツに持ち込まれたとき、それといっしょにフランスの社会条件が持ち込まれたのではないことを、忘れていただけなのです。ドイツの社会条件に触れると、このフランスの文献は、直接の実践上の意義をすべて失い、純粋に文献的な様相だけを帯びるだけとなりました。こうして、18世紀のドイツ哲学者にとって、フランス第一革命の要求するものは、「実践理性」一般という要求以外の何ものでもなく、革命的なフランス・ブルジョワジーの意志という言い方は、彼らの目には、純粋意志の法則、そうあるべき意志の法則、真に人間的意志一般の法則を意味したのでした。

ドイツの学識者の世界は、新しいフランス思想をドイツの古めかしい哲学的良心と調和させること、あるいはむしろ、自分たちの哲学的見解を捨てることなく、フランス思想を接合することから成り立ったていたのです。

この接合は、外国語を習得するのと同じやり方で、つまり翻訳によって行われたのです。

古代の異教世界の古典的著作が書かれた手稿の上に僧侶がカトリックの聖者の馬鹿げた伝記を書いたことは、よく知られています。ドイツの学識者は、世俗的なフランスの文献を使って、この過程を逆にしました。彼らは、フランスの原文の下に、自分たちの哲学的たわごとを書いたのです。例えば、フランスの貨幣の経済的機能の批判の下に「人間性の疎外」と書き、フランスのブルジョワ国家批判の下に「一般者というカテゴリーの廃止」と書いた等々。

フランスの歴史的批判の背後にこういう哲学的文句を導入することを、彼らは「行為の哲学」、「真正社会主義」、「ドイツ社会主義科学」、「社会主義の哲学的基礎付け」等々と呼んだのでした。

フランスの社会主義的、共産主義的文献は、こうして完全に骨抜きになりました。そして、ドイツ人の手の中で、ある階級の別の階級との闘争を表現することを止めたので、「フランスの一面性」を克服し、真の要求ではなくて真理という要求を体現している気になったのです。つまり、プロレタリアアートの利害ではなく、どの階級にも属さず、なんら現実性をもたず、哲学的幻想という茫漠とした領域にしか存在しない、人間一般という人間の本性の利害を、体現しているというつもりだったのです。

このドイツ社会主義は、生徒の宿題を真面目に厳粛に引き受け、香具師同然のやり方で自分の貧弱な手持ち商品を誉めそやし、そうこうするうちに次第に衒学的な無邪気さを失ったのです。

封建的貴族階級と絶対君主制に対するドイツ・ブルジョワジー、特にプロイセン・ブルジョワジーの闘い、つまり自由主義運動は、ますます真剣になりました。

この闘争により、「真正」社会主義は、政治運動に社会主義的要求を突き付け、自由主義に対し、代議制政府に対し、ブルジョワ的競争、ブルジョワ的出版の自由、ブルジョワ的立法権、ブルジョワ的自由と平等に対して伝統的な破門状をたたきつけ、大衆には得るものは何もなく失うものだらけだと説教をするという、長く待ちわびた機会を得たのでした。ドイツ社会主義は折よくも忘れていたのです。自分たちがその馬鹿馬鹿しいこだまであるフランスの批判というのは、近代的ブルジョワ社会が、対応する経済的存在条件とそれに適合した政治体制を伴って、存在していることを前提条件にしており、それを獲得することこそが、ドイツで今進行中の闘争の目的であることを。

牧師、教授、田舎紳士、役人を従えた絶対主義政府にとっては、、ドイツ社会主義は恐ろしいブルジョワジーに対する都合の良い案山子の役割を果たしたのです。

この同じ政府が、ちょうど同じ時期に、反抗するドイツ労働階級に服用させた、鞭と銃弾という苦い丸薬の後では、この社会主義が甘い口直しでした。

この「真正」社会主義がこのように、ドイツ・ブルジョワジーと闘う兵器として政府に仕えている間、それは同時に反動的利害、ドイツの俗物の利害を直接代表するものでした。ドイツでは、プチ・ブルジョワ階級は、16世紀の残り滓で、それ以来、絶えず何度もさまざまな形で現れますが、それが現状の現実的社会基盤なのです。

この階級を保存することは、ドイツの現状を保存することなのです。ブルジョワジーの産業的および政治的支配は、一方では資本の集中から、もう一方では革命的プロレタリアートの勃興から生じた確かな破壊力で、この階級を威嚇するのです。「真正」社会主義はこの両者を一石二鳥でやっつけると思えました。この社会主義は疫病のように蔓延したのです。

修辞の花を刺繍し、病的感受性の滴に浸した思索的な薄物の衣、ドイツ社会主義者がおのれの惨めな「永遠の真理」、その骨と皮ばかりの全身を包み込む、超越的な衣のおかげで、こうした公衆の間では、その商品の売上は驚くほ増加しました。そしてドイツ社会主義の方は、プチ・ブルジョワ俗物の大仰な代弁者という自分たちの天職を、ますます認めたのでした。

ドイツ社会主義は、ドイツ国民を模範的国民、ドイツの小俗物を典型的人間だと宣言しました。この模範的人間の不埒な言行のどれにも、隠された、高潔な、社会主義的解釈が施され、その本当の性格とは全く反対の性格が与えられました。この社会主義は、共産主義の「獣じみた破壊的」傾向に直接立ち向かい、あらゆる階級闘争に対するこの以上はないような公平な軽蔑を述べることさえしたのです。ごく少数の例外を除いて、現在(1847年)ドイツで出回っているいわゆる社会主義的、共産主義的出版物はみな、この汚らわしく気力を失わせるような文献という領域に属しているのです。

2.保守的社会主義またはブルジョワ社会主義

ブルジョワジーの一部は、ブルジョワ社会が継続して存続することを確実にするために、社会的不平を取り除きたいと考えます。

この分派には、経済学者、博愛主義者、人道主義者、労働階級の状況の改良家、事前運動組織者、動物愛護協会会員、狂信的な禁酒運動家、想像できるかぎりのありとあらゆる人知れぬ改良家が属しています。その上、この形態の社会主義は、完全な制度にまでなってしまいます。

こういう形態の一例として、プルードンの貧困の哲学を引き合いにあげておきましょう。

社会主義的ブルジョワは、そこから必然的に闘争と危険が生じるのに、その闘争と危険のない、近代的社会条件の利点をすべて求めます。彼らは現存の社会状態から革命的で分解させる要素を除いたものが欲しいのです。彼らが求めるのは、プロレタリアート抜きのブルジョワジーなのです。ブルジョワジーは当然ながら、自分たちの支配する世界を最高のものと思い描きます。そしてブルジョワ社会主義は、この心地の良い概念を多かれ少なかれ完全なさまざまな制度にまで発展させるのです。プロレタリアートにこういった制度を運営し、それによって社会的な新エルサレムへとまっすぐ行進するよう求めることで、この社会主義は実際には、プロレタリアートが現存社会の束縛のなかに留まり、しかもブルジョワジーに関する憎悪に満ちた考えを捨て去ることを求めているだけなのです。

この社会主義の第二の、より実践的だが、やや体系性に欠ける形態は、政治的改革ではなくて、物質的生存条件や経済関係の変化だけが労働階級に有益であることを示して、労働階級の目に映るあらゆる革命運動の価値を引き下げようとします。この形態の社会主義は、物質的生存条件の変化が、ブルジョワ的生産関係の廃止だということを、そしてこうした関係の存在が継続することに基づいている行政的改革ではなく、革命だけが影響を及ぼす廃止であることを、決して理解しません。だから改革は資本と労働の関係にはいっさい影響せず、せいぜいブルジョワ政府の費用を削減し、その行政業務を単純化するだけなのです。

ブルジョワ社会主義は、演説という形をとった時、しかもその時だけ、適切な表現を獲得します。

自由貿易、労働階級のために。保護関税、労働階級のために。監獄改良、労働階級のために。これがブルジョワ社会主義の遺言であり、唯一真面目な意味を持つ言葉です。

この社会主義は次の成句に要約できます。ブルジョワはブルジョワである、労働階級のために。

3.批判的-ユートピア的社会主義と共産主義

ここで私たちは、どの近代の大革命でも、バブーフその他の著作者のような、プロレタリアートの要求を表明してきた文献をみてみましょう。

プロレタリアートが自分たちの目的を達成しようとした最初の直接的試みは、封建社会が打倒された全般的な動揺期になされましたが、まだプロレタリアートが未発達な状態であったこと、またその解放のための経済的条件がなかったことによって必然的に失敗しました。この条件はやっと作り出されようとしており、差し迫ったブルジョワ時代だけが作り出すことができたのです。こうしたプロレタリアートの最初の運動に伴う革命的文献は、必然的に反動的な性格を持っていました。それは普遍的禁欲主義と社会的平等化を、最も粗野な形で説いたものでした。

社会主義的で共産主義的な制度、特にいわゆるサン・シモン、フーリエ、オーエン他の制度は、上に述べたように、プロレタリアートとブルジョワジーの間の闘争がまだ未発展の初期の時代に、出現しました。(「第1章 ブルジョワとプロレタリア」を参照)

こういう制度の創設者たちは、実際、優勢な社会形態のなかに、分解していく要素の作用だけでなく、階級対立をも見ていました。しかしプロレタリアートは、まだ幼年期で、歴史的主導権も独立した政治運動も欠いたままの階級という哀れな状態だったのです。

階級対立の発展は工業の発展と歩調を合わせて進むのだから、彼らが階級対立を見出した経済状況は、プロレタリアートの解放の物質的条件をまだ与えるものではありませんでした。だから、彼らはこういう条件を作り出すはずの新しい社会科学、新しい社会法則を、捜し求めたのです。

歴史的な行動は彼らの個人的発明行為に屈し、歴史的に作り出された解放の条件は空想的な条件に屈し、プロレタリアートの徐々に進む自発的な階級組織化は、これら発明家が特に工夫した社会の組織化に屈すべきだというのです。彼らの目には、将来の歴史は分解されて、布教活動と彼らの社会計画を実施する実践活動になってしまいます。

彼らの計画を作成するにあたっては、意識的に最も被害を被っている階級である労働階級の利害に注意が払われます。彼らには、最も被害を被っている階級としてだけ、プロレタリアートは存在しているのです。

階級闘争が未発達な状態と彼ら自身のとりまく環境は、こういう種類の社会主義者に、自分たちがあらゆる階級対立のはるか上空に超然としていると思い込ませることになります。彼らは社会のどの成員の生活状態も改善したいのです。たとえ最も恵まれた者であってもです。だから、彼らはいつも、階級の区分なく、全社会に訴えかけます。いや、それどころか好んで、支配階級に訴えかけるのです。一度彼らの制度を理解すれば、それが最善の社会状態の最善の計画であることがわからないことなど起こりえないのです。

だから、彼らはあらゆる政治的活動、特に革命的活動を拒絶します。平和的手段で目標を達成したいと思い、必然的に失敗せざるをえない小実験により、また実例の力によって、新しい社会的福音への道を切り開こうと努めるのです。

こういう未来社会の空想画は、プロレタリアートがまだ極めて未発展な状態で、自分たちの地位について空想的な概念しかもっていなかった時代に描かれ、社会の全面的再構築に対する、この階級の最初の本能的な切なる願いに対応しているのです。

しかし、この社会主義的、共産主義的出版物にはまた、批判的要素も含まれています。それは現存する社会のあらゆる原理を攻撃します。だから、それは労働階級を啓蒙するための最も有意義な素材に満ちています。その中に提案されている実践的手段、都市と農村の区別の廃止、家族の廃止、私的営利企業の廃止、賃労働の廃止、社会調和の宣言、単なる生産管理への国家機能の転換、こういう提案はすべて階級対立の消滅だけを示しています。この時代には、階級対立はまだ生じたばかりで、こういう出版物では、最初期の、はっきりしない、不明瞭な形態でしか認識されていません。だから、こういう提案は純粋にユートピア的性格を帯びているのです。

批判的、ユートピア的な社会主義と共産主義の意義は、歴史的発展と逆比例します。近代的階級闘争が発展し、明確な形をとるにつれて、闘争からはなれたこの空想的な立場、階級闘争にたいするこの空想的攻撃は、あらゆる実践的価値と理論的正当性を失います。だから、この制度の創設者が、多くの点で革命的であったとしても、その弟子たちは、どの場合も、単に反動的な宗派を作るのです。彼らは、その先生のもともとの見解に固執して、プロレタリアートの進歩的な歴史的発展に対立するのです。だから、彼らは熱心に変わることなく、階級闘争を和らげ、階級対立を調停しようとします。彼らは今でも、自分たちの社会的ユートピアの実験的実現を、孤立した「ファランステール」の創設を、「国内移住地」の確立を、新エルサレムの小型版である「小イカリア」の建設を夢見ており、こうした空中城郭の実現のために、ブルジョワの感情と財布に訴えるしかないのです。しだいに、彼らは上に描いた反動的保守的社会主義者のカテゴリーに落ちこみ、こういう社会主義者との違いは、より体系的な衒学と、自分たちの社会科学の奇跡的効果への狂信的で迷信的な信念だけということになるのです。

だから、彼らは労働階級側のあらゆる政治活動に激しく反対します。彼らによれば、こういう活動は新しい福音に対する盲目的不信の結果にすぎないからです。

イギリスのオーエン主義者とフランスのフーリエ主義者は、それぞれ、チャーチストと改革主義者に反対するのです。


<< 前へ 目次 次へ >>
©2002 永江良一. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス 表示-継承 2.1 日本