アメリカ大統領就任演説

ジミー・カーター大統領就任演説


1977年1月20日

私自身と国家のために、われわれの国家をいやすためにしてくれたことを前任者に感謝したいと思う。

この外側の肉体を使うセレモニーにおいて、われわれは再びわれわれの国の内面の精神的な力を証明したい。私の高校の先生であるジュリア・コールマンは、こう言ったものです「われわれは、変っていく時代に適応しなければなりません、ただし変わらない信条をもって」

ここ、私の前に1789年に最初の大統領が就任式に使った聖書があります。そして私は、私の母親が数年前にくれた聖書の時代を超越した古代の預言者ミカの忠告のところを開いて、就任の誓いをしたところです。

「神はあなたにお示しになった、何がよいことで、何を神はあなたに求めるかを。正しく行ない、慈悲を愛し、汝の神とへりくだって歩いて行かなければならない」(ミカ 6:8)

この大統領就任セレモニーは、新たな始まりを、われわれの政府の新たな献身を、そしてわれわれ全員の新たな精神を示している。大統領というものは、新たな精神を、たった一人の人しか提供しなくとも、それに気づいてほめたたえるだろう。

2世紀前のわれわれの国の誕生は、自由の長い探索のマイルストーンだった。ただこの国の建国者たちを興奮させた思い切った輝く夢は、いまだにその仕上げを待っている。私は新たに今日夢を見はじめようとはしていない、ただどちらかといえば、古い夢を新たに信じたいと思っている。

われわれの社会は、精神的にも人類の自由の点からみても、公に自らを定義した最初の社会だった。それがわれわれの社会を独特のものとしているユニークな自己定義である。しかしそれは、われわれに特別な義務を課してもいる。つまり義務が課されたときは、いつもわれわれにとってもっとも利益になるようにその道徳的な義務を引き受けるような義務を課すのである。

あなたがたは、私に大きな責任を負わせてくれた。あなたがたに近づくために、あなたがたにふさわしいものとなるように、そしてあなたがたがどういうものであるかを実証するために。一緒に新しい国家の、統一と信頼の精神を作り出そう。あなたがたの力は私の弱さを補うことができ、そしてあなたがたの知恵は私の間違いを少なくするようにできる。ともに学び、ともに笑い、ともに働き、ともに祈ろう、最後には当然われわれが勝利するだろうということを確信して。

アメリカンドリームは生きている。われわれは、再びわれわれの国とお互いをしっかりと信じなければならない。私は、アメリカがよりよくなれると信じている。われわれは、以前より強くなることもできるだろう。

われわれの最近の誤りは、われわれの国の基本原則へ再びコミットさせるだろう。なぜならわれわれはもし自身の政府を見下せば、われわれには将来がないことを知っているから。われわれは短期間だが威厳をもって団結してきたときのことを、特別なときに思い出す。そのようなときには、われわれの手の届かないものはない。

しかしわれわれは、過去の栄光にひたっていることはできない。われわれは、流れに流されるままではいけない。われわれはどんな人であれ、生活水準が低かったり、劣っていたり、劣悪だったりする将来像を受け入れない。

われわれは、すでに個人の自由をかなりの程度まで獲得してきた。そしてわれわれは今、機会を平等にしようと取り組んでいる。われわれの人権への取り組みは、絶対的なもので、われわれの法は公正で、われわれの生まれながらの長所は保ちつづけなければならない。権力をもつものは、弱きものを虐げてはならない、そして人間の尊厳は高められなければならない。

われわれは、たとえわれわれの偉大な国家が認める限界があろうとも「より多く」が必ずしも「よりよい」ことではないこと、またわれわれが全ての問題に答えられるわけでも、全ての課題を解決できるわけでもないことを学んできた。われわれは全てのことができるわけでもないが、かといってわれわれに将来必要な大胆さがかけているわけでもない。だから、ともに公共の福祉のために個人の犠牲をはらう精神で、われわれはただベストをつくさねばならない。

われわれの国家は、自国で強いと言えるときだけ、国外でも強いと言えるだろう。そしてわれわれが他の国で自由をひろめるのにもっともよい方法は、われわれの民主主義のシステムが真似をするのに値する方法であることを、ここで示すことである。

自分自身に正直であろうとすれば、他人にも正直でなければならない。われわれは外国で、われわれの国内のルールや基準を犯すような行動をしないだろう。なぜならわれわれは、アメリカが得た信頼こそがわれわれの力の源泉であることを知っているからだ。

世界は今、新たな気風に満ちている。より多くの人々が、より政治的な視点をもち、はっきりと目に見える形で自分自身の場所を渇望し求めている。ただ自分自身が物質的に豊かになりたいからだけではなく、基本的人権のためにである。

自由への情熱は強まるばかりである。この新たな気風の堰を切り、この新しい始まりの日にアメリカが引き受ける仕事として、公正で平和な本当に思いやりにみちた世界をつくる手助けをするほど、高貴で野心的なものはないだろう。

われわれは強い国であり、そしてわれわれはその力が戦闘で示す必要がないほど十分保持することだろう。つまり単に武器庫の大きさではなく、その発想の高潔さに基づいた静かなる戦力を十分に保持することだろう。

われわれは決して油断してはならないし、弱みをみせてはならない。そして貧困、無学、不正に対しても戦いつづけるだろう。なぜならそのようなものは、われわれの力が立派に対抗しうる敵だからである。

われわれは、純粋に理想を掲げている国である。しかし、われわれの理想主義が弱さと混同されるようなことがあってはならない。

われわれは自由だが、決して他のところでの自由の運命に無関心であってはならない。われわれの道徳心は、明らかにわれわれと同じように個人の人権に不変の敬意を払う社会を好むものである。われわれは脅迫しようとしているのではない。ただ他のものが犠牲をはらわず支配する世界は礼儀正しさを快く受け入れず、全ての人の幸福への脅迫になるだろうことは明らかである。

世界は潜在的な敵国間で同じ力を持ちつづけるために、巨大な軍備拡大競争にまだかかりきりになっている。われわれはお互いの国が安全である程度まで、世界の軍備を制限する努力をする忍耐強さと知恵を誓う。そしてわれわれは今年、最終的なゴールへ向けての第一歩を踏み出すだろう。つまりこの地球から全ての核兵器を廃絶する最終的なゴールへの。われわれは、全ての人にわれわれに合流するように促す。その成功が死の代わりに生をもたらすことができるのだ。

われわれは、アメリカ合衆国の人々は、明らかに深刻で確固たる意図をもった自信をとりもどさなければならない。そして、私が大統領の職を辞すときに、人々がわれわれの国についてそう語るような希望を私はもっている。

われわれがミカの言葉を思い出し、謙虚さ、慈悲そして正義をとりもどす希望を。

われわれを人種や地域や宗教の違いで分離するような障壁を取り壊し、不信がうずまくところに、多様性を尊重した団結を築く希望を。

われわれが生産的な仕事が出来る人々にそのような仕事を見つけられる希望を。

われわれがアメリカの家族、それはわれわれの社会の基盤で、それを強化するという希望を。

われわれが法を遵守し、法の下で弱きものも強きものも、豊かなものも貧しいものも平等に扱われることが保証される希望を。

再び自分たちの政府を誇りに思えるようにならなければならないという希望を。

私は世界の国々が、戦争の武器でではなく、われわれの最も大事な価値を反映する国際的な方針に基づいて永続的に続く平和を築きあげると言うことを希望したい。

これらは私の目的であるだけではない。私の業績でもないだろう。われわれの国で絶えることのない道徳の力と、失せることがなくたえず拡大していくアメリカンドリームを信じることを肯定することである。


目次
©2001 katokt. この版権表示を残す限りにおいてこの翻訳は商業利用を含む複製、再配布が自由に認められる。プロジェクト杉田玄白 (http://www.genpaku.org/) 正式参加作品。