FreeCADメモ-チュートリアル タブレット用スタンド

タブレット用スタンドのモデリング-ステップ1

2018/4/10 更新
バージョン0.17バージョン0.16

チュートリアル内容

作るもの・・タブレット用スタンド

タブレット用スタンド 完成形状
3Dプリント結果 3Dプリント結果

マウス操作

選択平行移動拡大縮小回転
mouse_select_CAD mouse_pan_CAD mouse_zoom_CAD mouse_rotate_CAD または mouse_rotate_CAD2
※他にもInventor互換モード、Blender互換モード、タッチパッドモードなどがあります。FreeCAD メモ-マウス操作の設定を参照してください。

おおまかなスケッチの作成

  1. 新しいドキュメントの作成

    FreeCADを起動し、新しいドキュメントを作成「新しいドキュメントを作成」アイコンします。

  2. スケッチ面の作成

    ワークベンチをパートデザインワークベンチWorkbench_PartDesignへ切り替え、新しいスケッチ面を作成「新しいスケッチ面の作成」アイコンします。

    スケッチ面の作成ダイアログでXY平面を選択して OK をクリックします。

    スケッチ平面の作成ダイアログ スケッチ面の作成ダイアログ
  3. スケッチの作成

    連続線の作成「連続線の作成」アイコンを選択し、おおまかな形を描きます。描き終わったら右クリックで連続線の作成を終了します。

    おおまかなスケッチ おおまかなスケッチの作成
  4. 角の丸め

    角の丸め「角の丸め」アイコンを選択し、角を作る2直線をクリックして丸めます。スタンドの折れ曲がり部3ヶ所すべてで角の丸めを行います。

    角の丸め 角の丸め
    3ヶ所の角の丸め 3ヶ所とも角を丸め
  5. 丸めの中心を一致させる

    一致拘束「一致拘束」アイコンを選択し、スタンドの折れ曲がり部3ヶ所それぞれの内外の円弧の中心を一致させます。適切な形に拘束されない場合は一致させる点をドラッグしてあらかじめ近づけておくと適切に拘束できます。これで曲がり部の内外の円弧が平行になります。

    概形 内外の円弧の中心を一致
    概形 3ヶ所とも円弧の中心を一致
  6. 直線部分が平行になるよう設定

    スタンドの折れ曲がり部の間をつなぐ直線部分の2辺(矢印部)を選択し、平行拘束「平行拘束」アイコンを適用します。3ヶ所とも同じように平行拘束を適用します。

    概形 直線部分の2辺を平行に設定
    概形 3ヶ所とも直線部分を平行に設定
  7. 原点に対するスケッチの位置を設定

    スケッチX軸と左端折れ曲がり部の外側の円弧を選択し、正接拘束「正接拘束」アイコンを適用します。これでこの2辺が接した状態で拘束されます。

    概形 スケッチとX軸が接するよう設定
    さらにスケッチ原点と外側の円弧を選択し、点を線上に拘束「点の線上拘束」アイコンします。
    概形 スケッチが原点に乗るよう設定

続いてスケッチの各部の寸法を設定していきます。

目次 1 2 3