FreeCADメモ-チュートリアル スマートフォンカバー

スマートフォンカバーのモデリング-ステップ2

2018/4/12 更新
バージョン0.17バージョン0.16

抑えの作成

adjuster スマートフォン カバー

  1. スケッチ面の作成

    ケースの上面を選択してから新しいスケッチ面を作成Sketcher_NewSketchします。

    adjuster1壁の上面を選択
    adjuster2スケッチ面の作成
  2. 補助線の抽出

    補助線の抽出Sketcher_Externalを使ってソリッドの輪郭をスケッチ平面上に取り出します。ツールを選択してからソリッドの辺を選択します。

    adjuster3基準となる補助線の抽出

    抽出が終わったらモデル・ツリーでソリッドを選択してスペースキーを押し、ソリッドを非表示にします。

    adjuster4ソリッドの非表示
  3. 外側の輪郭線の作成

    四角形を作成Sketcher_CreateRectangleし、角を丸めSketcher_CreateFilletます。

    スケッチ上の1点と補助線上の1点を選択し一致拘束Constraint_PointOnPointします。またスケッチと補助線のフィレットの中心点を選択し一致拘束Constraint_PointOnPointします(4ヵ所)。

    以上の5点を一致拘束するスケッチと補助線が完全に重なった状態になります。
    adjuster5
  4. 内側の輪郭線の作成

    先ほどと同じように2つ目の四角形を作成Sketcher_CreateRectangleし、角を丸めSketcher_CreateFilletます。

    adjuster5

    左上のフィレットの中心を一致拘束Constraint_PointOnPointし、さらにそのフィレットの端点を 2.2mm で水平距離拘束Constraint_HorizontalDistanceします。

    その後で右上、右下、左下のフィレットの中心を一致拘束Constraint_PointOnPointします。

    adjuster6スケッチの全体図
    adjuster7スケッチの拡大図
  5. スケッチ編集終了

    Tasks タブの Close をクリックしてスケッチ編集を終了します。
    SketchDialog2Close をクリックしてスケッチ編集を終了
    adjuster8作成したスケッチ
  6. 押し出し

    作成したスケッチをモデル・ツリーで選択し、垂直押し出しPartDesign_Padを実行します。押し出し寸法 1mm として逆方向に押し出しを行います。

    adjuster9押し出し前
    adjuster10押し出し後

切り欠きの作成

側面のコネクター、ボタンをふさがないよう切り欠きを作成します。

iphone-side
Kelvinsong http://commons.wikimedia.org/wiki/File:IPhone_5S_volume_buttons.png
iphone-bottom
Kelvinsong http://commons.wikimedia.org/wiki/File:IPhone_5S_bottom.png
  1. スケッチ面の作成

    ケースの上面を選択して、スケッチ面の作成Sketcher_NewSketchを実行します。

    cutout1壁の上面を選択
    cutout2スケッチ面の作成
  2. 補助線の抽出

    補助線の抽出Sketcher_Externalを使ってソリッドの輪郭をスケッチ平面上に取り出します。ツールを選択してからソリッドの辺を選択します。

    cutout3基準となる補助線の抽出

    抽出が終わったらモデル・ツリーでソリッドを選択してスペースキーを押し、ソリッドを非表示にします。

    cutout4ソリッドを非表示
  3. おおまかな形状

    切り欠き位置に大まかに四角形を作成Sketcher_CreateRectangleします。

    cutout5切り欠き用スケッチの作成
  4. サイズ指定

    水平距離拘束Constraint_HorizontalDistance、垂直距離拘束Constraint_VerticalDistanceを使って補助線を基準に四角形の位置を拘束します。

    cutout6スケッチの全体図
    • 上側の拡大図
      cutout6-top
    • 左側の拡大図
      cutout6-left
    • 下側の拡大図
      cutout6-bottom
  5. 形状作成

    作成したスケッチをモデル・ツリーで選択してから切り欠き作成PartDesign_Pocketを選択し、長さ 7.5 mm で切り抜きます。

    cutout7切り抜き前
    cutout8切り抜き後
目次 1 2 3