怪談:妖しい物の話と研究, ラフカディオ・ハーン(小泉八雲)

ろくろ首


今から五百年近く前のこと、磯貝平太左衛門武行いそがいへいたざえもんたけつらという名の侍が、九州の菊池きくぢという領主に仕えていた。この磯貝は武勇を重んじる多くの先祖達から、武芸にける天賦の才と人並み外れた怪力を受け継いだ。まだ少年の頃には既に剣術の技、弓矢、槍使いで師匠をしのぎ、豪胆で巧みな兵士のすべての才を見せていた。その後、永享えいきょうの乱の時に顕著な働きがあったので高い名誉が与えられた。しかし菊池家は没落し、気が付くと磯貝は主君を失っていた。他の大名の下で仕官の口を得るのは容易であったろうが、独りだけの名声を求めたことは一度も無かったし、心は依然として先の主君の元に有り続けたので、世を捨てる道を選んだ。そうして髪を切り──怪龍かいりょうの法名を得て──旅の坊主となった。

しかし怪龍はいつでも聖職者のころもの下には、熱い物を秘めた侍の心を持ち続けていた。長年に渡って危機を笑い飛ばして来たので、そのように今でも危険を顧みず、どんな天気でも、どんな季節でも、他の坊主が敢えて避けるような場所に行っては、ありがたい教えを説く旅をした。その時期というのは、暴力と無秩序の時代で、街道ではたまたま聖職者であったとしても、独り旅をする者の身を守る術はまったく無かった。

最初の長旅の道筋で、怪龍は甲斐国かいのくにを訪れる機会が有った。ある晩、その国の山々を巡って旅をする内に、どんな村からも遠く離れたたいそう物淋しげな辺りで暗闇に包み込まれた。それでは星の下で夜を過ごそうと覚悟を決め、道端の都合の良い草深い場所を探して横になり、眠る支度をした。不自由はいつでも歓迎し、剥き出しの岩でさえ良い寝床であり、より良い物が見つからない時、松の木の根は素晴らしい枕であった。体は鋼鉄はがねであり、雨露や霜や雪ごときは全く苦にしなかった。

横になると間もなく、斧と大きな薪の束を背負った男が道沿いにやって来た。このきこりは怪龍の寝転ぶのが見えると立ち止まり、しばらく物も言わずに観察した後、ひどく驚いた声音こわねで語りかけた──

「あんたは一体どういうお方ですか、だんな、こんな所にわざわざ独りで寝ようなんて……この辺りは魑魅魍魎ちみもうりょうが──奴らの大半が──出ますぜ。魔物が怖く無ぇんですかい。」

「ご同輩、」怪龍は快活に答えた。「わしはただの旅の坊主です──雲と水を供にする、俗に言う雲水うんすい旅客りょかくというやつですよ。それに──狐や狸の化け物やそのたぐいの生き物の話なら──魔物を少しも恐れません。人里離れているというなら、それは好都合、座禅を組むのに丁度いい。自分の命を惜しまず修行しますから、野宿は慣れています。」

「なるほどあんたぁ豪傑ごうけつに違い無ぇ、お坊様よ。」無学な者が応じた。「ここで寝なさるなんて、この場所は評判が悪い──ほんに評判が悪い。だけどもことわざに『君子危うきに近寄らず〔身分の高い者は必要の無い危険に自分から身をさらさない〕』と言います。それにだんな、ここは寝るには非常に危険だと断言しますぜ。だから、私の家は粗末なわらき屋根の小屋だけども、今すぐ一緒に来てくれるようにお願ぇします。食べる物は差し上げられませんが、少なくとも屋根が有るから眠るのに危険は有りませんぜ。」

真剣に話したので、怪龍はその男の親切な口調に好感を持ち、この控え目な申し出を受け入れた。樵は街道を上り山林を通って先に立ち小道伝いに案内した。それは──時に断崖に張り付き──時には滑りやすい木の根が網のように張った所にしか足の置き場がなかったり──時にはギザギザの岩の間をよじ登るかくねり上がる──荒れた物騒な道であった。しかしついに、怪龍は気が付くと、頭上に輝く満月に照らされた丘の頂きの明るい場所に、楽しげな灯りの漏れる小さな藁葺きの小屋が目の前に見えた。樵は家の裏に有る物置小屋に案内し、竹筒を通してどこか近くの小川から水が引かれた所で二人は足を洗った。物置の向こう側には畑と杉木立に竹藪、木々の向こうにはほのかに光る滝の姿が見え、どこか遥かに高い所から水を落とし、月明かりの中で白く長い衣のように揺れ動いていた。

怪龍が案内人と共に小屋へ入ると、広間を占めるに炊かれた小さな炎で両手を温めている四人の者達──男と女──を認めた。皆は坊主に深くお辞儀をし、非常に丁寧な作法で挨拶をした。この通り貧しく、おそろしく人里から離れた住まいに居ながら、礼儀正しい挨拶の作法をわきまえていることを、怪龍は不思議に思った。「これは立派な人達だ」と思い「礼儀作法の決まり事に精通した、誰かの教えを受けているに違いない。」それからもてなしのぬし──家のおさとしてあるじと他の者達は呼ぶ──に向き直り、怪龍は言った──

「親切なお話と、家族の方達がとても礼儀正しく歓迎して下さったことから、あなたは元から樵であったのではないと想像しています。おそらく以前は高い身分のひとつに属していたのではありませんか。」

微笑みながら樵は答えた──

「だんな、あんたは間違っちゃいませんよ。今はご覧の通りの暮らしをしていますが、かつてはいくらかの栄誉を受ける者ではありました。私の話は人生の没落話です──没落は自ら招いた不始末です。かつてはとある大名に仕え、責任の軽くない仕事を任される地位にありました。けれど女好きなうえに大変な酒呑みで、欲望のおもむくまま不道徳な行いをしました。自分勝手な行いは一族を没落へと導き、多くの者が死にゆく原因となりました。天罰が当たり、長い余生をこの地に隠れ住んでいます。今は、いくらか私の行った悪事の償いや先祖代々からのお家が再興できるようにと、しばしば祈っております。しかし、そうする方法は見いだせないだろうと心細く思っています。それでも、誠実に悔い改め、できるだけ困っている人達を助けることで、誤った因縁に打ち克つよう努めています。」

怪龍はこの立派な決意の告白に満足して、主に言った──

「ご同輩、若い頃に愚かな行いをした人が、年月を重ねた後に極めて真面目に正しく暮らすようになるのを、見てきました。最強の悪行は、立派な決意の力によって、最強の善行となせる、尊い経典にはそう書かれています。あなたが立派な心の持ち主であると疑いませんし、より良い運命がやって来るよう願います。今夜、あなたのためにお経を読み上げ、過去の過ちによる因縁に打ち克つ功徳を授かるよう祈りましょう。」

このような申し出と共に怪龍が主におやすみの挨拶をすると、主人は既に寝床の用意が整った非常に小さな横の部屋へ案内した。それから行灯の灯りで読経を始めた坊主を除いた皆が眠りに就いた。深夜になるまで読経と祈りを続け、それから横になる前に景色を眺めようと、狭い寝室の窓を開けた。その夜は美しく、空には雲ひとつ無く、風も無く、強烈な月の光が木々の葉の鮮明な黒い影を投げ落とし、庭の露を輝かせていた。コオロギと鈴虫の甲高い音が調子の良い騒めきを作り上げ、近くの滝の音は夜と共に深まっていた 。怪龍は水の騒めきを聞いているうちに喉の渇きをおぼえ、家の裏の竹の水路を思い出し、そこなら眠っている同居人の邪魔をせず水を飲めると思った。居室を隔てる襖を非常に穏やかに押し開くと、行灯の灯りで横になった五つの体が見えた──頭は無い。

一瞬の間当惑した──犯罪を想像したからだ。また瞬時に、血は流れてはいないし、頭の無い首は切られた後には見えないようだと認識した。そうして考えを巡らせた──「これは妖怪が作り出した幻覚か、ろくろ首の住みかに誘い込まれたのだろう……捜神記そうしんきという書物には書かれている、もしも頭の無いろくろ首の体のひとつを見つけたならば、その体を別の場所に移動させよ、頭は自分自身で再び首につながることを得ないであろう。書物は更に言う、頭が戻り来てその体が動かされたのを見つけ出す時、それは自らを床に三度叩き付けるであろう──弾むまりごとく──そして恐慌に喘ぎながら死すであろう。今、もしかしたら、このろくろ首達は儂にとって良くない意味を持つかも知れない──それなら書物が示唆する通りの行為は許されよう……」

主の体の足を握り、窓まで引っ張り、外へと押し出した。それから裏口へと回り、そこが閉じられているのを確認し、頭達は開いたままになっている屋根の煙穴を通る経路を出口にしていると推察した。ゆっくりと扉を開け、庭への経路を確認し、木立の向こう側の存在へ、考えられる限りの用心をして進んでいった。木立の中から話し声が聞こえてくると、声を目指して──こっそりと影から影へ丁度いい隠れ場所に到達するまで──進んでいった。そうして幹の後ろから頭達が──五人全部──ひらひら飛び回り、蝙蝠こうもりのように会話する姿を視界に捕らえた。そいつらは芋虫や他の虫達を地面の上や木々の間から見つけ次第に食べていた。やがて主の頭が食べるのをやめて言った──

「ああ、今夜来たあの旅の坊主──なんとまあ太りきった体だ、あいつを食べれば、俺達は気持ち良く満腹になるだろうよ……だが過去を話した俺は馬鹿だった──俺の魂のためにお経を読み上げるように仕向けてしまった。読経をしている間は近づくのが難しいだろう、祈り続ける間は手出しができない。だが今はもう朝方近い、あいつも眠っているだろう……誰かひとり家に戻って何をしているか見てこい。」

別の頭が──若い女の頭だが──すぐさま蝙蝠と同じように軽々と飛び上がり、家の方へひらひらと飛んでいった。少しの間を置いて帰ってくると、警報器が鳴るように大きく、しわがれ声で叫び出した──

「あの旅の坊主は家には居ませんぜ──あいつは出ていった。だけど、それは大した問題じゃあ無い。あいつは主の体を持っていって、それを何処どこに置いたのか分からない。」

この報告がなされると主の頭は──月明かりの中で明確に見えたが──目を醜く拡げ、髪を逆立たせ、歯を軋らせた恐ろしい形相を現した。唇から叫びが爆発し──憤怒の涙を流して泣き──大声で叫んだ──

「体が動かされてしまったからには、繋ぎ直すことはできなくなった。俺は死なねばならん……全てを通してあの坊主の仕業だ。死ぬ前にあの坊主を捕まえて──引き裂いた上で──むさぼり食ってやる……あいつが居るぞ──あの木の後ろだ──あの木の後ろに隠れているぞ。見ろあいつを──臆病者のデブが……」

その瞬間に主の頭は、他の四人の頭を従えて怪龍に飛びかかった。しかし怪力の坊主は若木を引き抜いて武装し、その木でやって来る度に頭達を打ち叩いた──とてつもない打撃で叩きのめした。四つの頭は飛んで逃げた。が、主の頭は何度も何度も打たれまくり、必死になって弾んでは向かい続け、とうとう衣の左側の袖を捉えた。しかしながら怪龍は素早くその頭のまげをつかむと、繰り返し叩いた。それは離れなかったが、長いうめき声を上げてから後はあがきをやめた。そいつは死んだ。しかし、その歯はまだ袖を噛み続け、怪龍の怪力の全てをもってしても力づくで顎を開けられなかった。

まだ袖に頭をぶら下げたまま家へ引き返すと、体を取り戻して頭に傷を負い血を流してうずくまる、四つのろくろ首を視界に捉えた。しかし彼に気がつくと裏口から全てが金切り声をあげた。「坊主だ、坊主だ、」──そうして別の出入口を通って木々の中へ逃げていった。

東の空は白み、辺りは明るくなり始め、怪龍は暗い時間の妖怪達の力がきたと知った。袖にまとわりつく頭を見た──その顔全体は血と泡と泥で汚くなっていたが、声を上げて笑い、心に思った。「何という土産みやげだ──妖怪の頭とは」数少ない所持品をかき集めた後、旅を続けるためにのんびりと山を下っていった。

さて、旅の方はというと、信濃の諏訪までやって来て、肘に頭をぶら下げたまま、諏訪の大通りを堂々と闊歩していた。女達は気絶し子供達は悲鳴を上げて逃げ出し、群衆は捕り手(この頃は警察のようなものをこう呼んだ)が坊主を捕まえて牢屋に入れるまで騒めき続けた。その頭が殺された人の、死ぬ間際に人殺しの袖を歯で捕まえた頭だと推測したからだ。怪龍は微笑むだけで問いかけに何も言わなかった。そのように牢獄で夜を過ごした後で、その地区の奉行の前へ引き立てられた。その時、聖職者の身でありながら、如何いかにして袖にしがみつく男の頭を見つけ出したのか、何故なにゆえに人々の前で罪悪を見せびらかすこのような恥知らずを敢行したのか、説明を要求された。

怪龍はこれらの問いかけに長らく大声で笑ってから言った──

「皆様、その頭は袖に取り付けたのではありません、それ自身がそこに飛びついて来たのです──儂の意思に大きく逆らって。それに、どんな罪も犯しては居りません。それは人の頭ではなく、妖怪の頭なのですから──妖怪に死を与えたのですが、それは流血沙汰をしたのではなく、単に我が身を守る為に当然の用心をしたまでです……」そして続けて冒険の全てを話した──五つの頭との対戦を話している時には、もうひとつ心からの笑いを爆発させた。

しかし奉行達は笑わなかった。札付きの犯罪人が、その話で良識を侮辱していると判断した。その結果、詮議に時間をかけず直ちに死罪に処すべきと決めた──たいそう年老いたひとりの男を除いた全員である。この老いた役人は審議の間ずっと見解を述べずにいたが、同僚の意見を聞き終えた後に立ち上がり言った──

「手始めにその頭を慎重に吟味しようではないか、思うにこれには、まだ何もしていないのだから。もしその僧侶の言葉が誠ならば、頭自体が証拠となろう──頭をここへもって来い。」

それから頭は、まだ歯にくわえた衣ごと、怪龍の両肩から脱がされ、鑑定人の前へ置かれた。老人はそれをぐるぐる回して注意深く観察し、首のうなじに幾つかの不思議な赤い文字を発見した。これについて同僚に注意を呼びかけ、そしてまた首の縁は凶器で切り取られた痕跡が、何処にも存在しないのを確認するよう命じた。逆にその切り口は葉っぱが自然に根元から離れた跡のようになめらかであった……それから言った──

「話に事実から外れた物は無いと真実確信した。これはろくろ首の頭だ。本物のろくろ首のうなじには決まって赤い文字が見つけられると、確かに南方異物誌なんほういぶつしという書物に書かれている。その文字は手書きされた物ではないと、見れば分かるだろう。それに、かなり古い時代から甲斐国の山々周辺では、こんな妖怪がよく知られている……だが貴殿」興奮気味に叫んで怪龍へ向き直り──「どういった成り行きで勇敢な坊さんになったのだ、間違いなく坊さんが持つには珍しい勇気をその身で示している、坊さんよりむしろ武人の雰囲気がある。おそらく、かつて侍の身分にあったのではないか。」

「正しい推測です。」怪龍は答えた。「僧職に就く前は、長きに渡って武芸を仕事とし、その日々は人や魔物を決して恐れませんでした。その頃の名前は九州の磯貝平太左衛門武行、憶えている人も中にはいらっしゃるのでは有りませんか。」

名前が口にされると審議の部屋は、それを記憶していた多くの出席者が居たため、感嘆の騒めきに包まれた。そして怪龍がすぐに気が付いたのは、裁く側から代わった友人達に囲まれる自分であった──友人達は兄弟のように親切な思いをあらわに気遣った。栄誉と共に大名屋敷へ案内し、歓迎し、宴を催し、旅立ちを許す前に身なりを綺麗に整えた。諏訪を離れる時には、この儚い世界で坊主に許された幸福を感じた。頭の方はといえば、彼が持って行った──冗談めかして土産と言い張り言い張りながら。

そして今では頭がどうなったかという話だけが残っている。

諏訪を離れてから一日か二日後に怪龍は追い剥ぎにい、そいつは人里離れた場所で立ちふさがり衣服を脱ぐよう命令した。怪龍はいったん衣を脱ぎ、追い剥ぎに差し出すと、すぐに何かが袖にぶら下がっているのに気がついた。勇敢ではあったが盗賊は驚きの余り衣服を取り落とし、跳び退いた。そうして叫び出した──「あんた──どういう坊主なんだよあんたは、何てこった、あんたは俺なんかよりよっぽど悪党だ、それは間違いねえ、俺は何人も人を殺してきたが、誰かの頭を袖に引っ付けて歩くような真似は絶対にしねえ……そうだ、お坊様よ、きっと俺達は同業者だ、俺はあんたに感服すると言わずにいられない……今その頭は必要だ、そいつで大勢の人を脅かしてやれる。売ってくれるか。あんたは衣と交換で俺の服を取ればいい、追加でその頭に五両払うぜ。」

怪龍は答えた──

「どうしてもと言うなら頭と衣をゆずらんでもないが、こいつは人の頭じゃあないと言っておかねばならん。こいつは妖怪の頭だ。こいつを買ったせいで何か厄介事に巻き込まれたとしても、どうかだまされたんじゃあないと思い出してくれ。」

「何と愉快な坊さんだ、あんたは。」興奮して追い剥ぎは叫んだ。「あんたは人を殺して、そいつを冗談にする……だけど俺は本当に真剣だ。ここに服、そしてこれがお金だ──さあ頭をくれ……何でふざけるんだ。」

「持って行け、」怪龍は言った。「ふざけてはおらん。ふざけているとすれば──これまでで、いくらかふざけが有るとすれば──妖怪の頭に結構な金額を払う全く馬鹿なお前だ。」そして怪龍は大声で笑いながら立ち去った。

このようにして追い剥ぎは頭と衣を手に入れて、時々街道で妖怪坊主を演じた。しかし諏訪の周辺までやって来て、頭の現実の来歴を耳にしたところ、ろくろ首の魂が厄介事を引き起こすのではないかと恐ろしくなった。そうして頭をもと居た場所へ返し、体と共に埋葬しようと決心した。何とか甲斐の山々の人里離れた小屋を見付けたが、そこには誰も居らず、体も見付からなかった。仕方がないので頭だけを小屋の裏の木立に埋葬し、墓の上に石碑を建て、ろくろ首の霊魂の功徳になるようにと、施餓鬼供養を執り行った。そしてその石碑は──ろくろ首の石碑として知られ──今日でも目にできる(少なくとも日本の語部はそう主張している)。

注釈

永享えいきょう】永享の時代は1429~1441年。

ころも】仏教の僧侶の上着をこう呼ぶ。

甲斐国かいのくに)現在の山梨県。

雲水うんすい)巡回僧の称号。

】部屋の床に組み込まれた小さな暖炉の一種は、このように記載されている。炉は通常四角く、金属の枠の浅い空洞を半分灰で満たし、炭に火を点ける。

鈴虫)鈴虫の直訳は、鈴のような独特の甲高い鳴き声のコオロギの仲間、そこから付いた名前。

ろくろ首)今ではろくろ首と言えば、たいてい非常に長く首が伸びる妖怪を想像しますが、それでも常に身体に付いて残ります。

捜神記そうしんき)チャイナの超自然の物語集。

土産みやげ】旅から帰還の際、友人や家族へ用意する贈り物をこう呼ぶ。大抵は当然ながら、土産は旅で得たその土地の何かを選んだ物から成る。ここでは怪龍の戯れに注目。

信濃)現在の長野県。


<< 前へ 目次 次へ >>
©2006 小林幸治. この版権表示を残す限りにおいてこの翻訳は商業利用を含む複製、再配布が自由に認められる。プロジェクト杉田玄白 (http://www.genpaku.org/) 正式参加作品。