怪談:妖しい物の話と研究, ラフカディオ・ハーン(小泉八雲)

かけひき


屋敷の庭で処刑しろと命じられていた。砂を広く敷き詰め飛び石を一列に並べた、今でもよくある日本式の庭に男が引き立てられひざまずかせられた。腕は後ろで縛られていた。家臣によっておけの水が運ばれ、米俵を小石で満たして──動けないよう楔形くさびがたに──跪いた男の周りを囲んだ。主人がやってきて配置を確かめた。それを調べて満足し、何も注文を付けなかった。

不意に罪人が主人へ向かって叫んだ──

「そこのおえらいさんよ、失敗をしたのは運が悪かったんだ、わざとやったんじゃない。失敗をしたのは大間抜けだっただけなんだ。生まれつき間抜けなのは宿業しゅくごうなんだ。間違うのを自分ではどうにも出来ないんだ。しかしだよ、間抜けだからって人ひとり殺すのは間違っちゃいないか──間違いは改めるべきだ。それでも、きっと俺を殺すんだろう、ならば必ず復讐してやる──恨まれることをするから復讐を招くんだ、悪意は悪意によってもたらされる物だ……」

もしも誰かが殺されれば、強い恨みを抱いている間、その者の怨念は殺害者に対して復讐できる。これを侍は知っていた。穏やかに言葉を返した──まるで愛情を込めるかのように──

「我々の恐怖が大きければ大きいほど嬉しいのだろう──死んだ後で。しかし言う事を信じるのは難しいのだ。だから恨みの大きさを示す何かしるしを見せてはくれまいか──頭が切り離された後で。」

「必ず見せてやろう」男は答えた。

「大変よろしい」侍はそう言うと長い刀を引き寄せた──「これから頭を切り落とす。前にある飛び石に向かってまっすぐ。頭が切り離されてから、その飛び石に噛み付いてくれ。もしも怒りの念の助けを借りてそれを成すなら、誰かが恐れおののくだろう……石に噛み付いてみるかね。」

「噛み付いてやる」激しい怒りの内に叫んだ──「噛み付いてやる──噛み付いてやる──」

閃光が走った、ヒュン、ザク、ドサ、弾んだ体は米俵の上へかがみ──切断された首はふたすじの血しぶきを高く噴き上げ──頭は砂の上を転がった。それは飛び石の方へ向かって大きく転がり続け、突然跳ね上がると、石の上端をその歯の間にはさみ込み、一瞬必死にしがみ付いたかと思うと力なく落ちた。

誰もが言葉を失い、家臣達はおびえながら主人をじっと見つめた。彼は全く関心が無いように見えた。無造作に近くで木の柄杓ひしゃくを持つ従者へ刀を差し出すと、刃のつかから先端へ向けて水を流し、柔らかい紙で時間をかけて慎重に拭き取った……このような様子で一連の作法の仕上げをした。

それから数ヶ月に渡って、家臣と家族は幽霊がやって来はしないかと絶えず怯えて暮らした。復讐の約束を果たしに来るのを疑う者は誰も居らず、相変わらず怯え続けていたせいで、有りもしない物を見たり聞いたりする者が後を絶たなかった。竹薮に吹く風の音に恐怖の虜となり──庭に映る影が動くだけで恐れる始末であった。しまいには相談の後で怨霊を鎮めるため施餓鬼せがき供養を行なうよう主人に要望しようと決めた。

「全く必要ない。」家臣の代表が皆の望みを伝えた時、侍はこう答えた……「復讐心を抱いて死に行く者の願いが怖れの元になるだろうとは理解している。だが今回の場合は怖れることでは無い。」

その家臣は懇願するように主人を見つめたが、ただならぬ自信の訳をたずねるのは躊躇ためらわれた。

「ああ、ごく簡単な理由だ。」言葉にされない疑いを察知して、侍はこう宣言した。「あいつのまさに最後の意図だけが危険であったのだから、あの時、証拠を見せるよう挑発して復讐を願う心をらした。飛び石に噛みつく目的を持って死に、その目的を成就できたが他は何も無い。残る全てを忘れたはずだ……だからあの事件についてこれ以上何も心配する必要は無い。」

 ──そして、確かにその死者は何も問題を起こさなかった。全く何も起こらなかった。

注釈

屋敷)金持ちの広々とした家と庭はこのように呼ばれました。

施餓鬼供養)死者の為に行なう仏教の法要です。


<< 前へ 目次 次へ >>
©2006 小林幸治. この版権表示を残す限りにおいてこの翻訳は商業利用を含む複製、再配布が自由に認められる。プロジェクト杉田玄白 (http://www.genpaku.org/) 正式参加作品。