ジョージ・オーウェル

有色人種立ち入り禁止


数日前、ひとりの西アフリカ人が手紙で、ロンドンのあるダンスホールが最近、「有色人種立ち入り禁止」となったことを私たちに知らせてきた。どうやら顧客の大きな部分を占めるアメリカ兵の歓心を買うためにそうなったらしい。そのダンスホールの支配人に電話したところ次のような回答が返ってきた。(a)「有色人種立ち入り禁止」措置は取り止めになった。(b)そもそもまったく強制的なものではない。しかし情報提供者の非難はある程度の根拠あるものだと思ったほうがいいだろう。最近、似たような出来事が続いている。たとえば先週あった治安裁判所での裁判では、この国で働く西インド出身の黒人がホームガードホーム・ガード:第二次世界大戦中にイギリスで編成された民兵組織。オーウェルも参加していた。の制服を着ている時に歓楽施設への入場を拒絶されたという事実が明らかにされた。またインド人や黒人といった人々が「有色人種は受け入れない」と言われてその地のホテルから宿泊を拒まれる例も多くある。

こうした種類の出来事に目を光らせ、ひとたびそれが起きたらできるだけ大騒ぎすることが極めて重要だ。これは騒動を起こすことによって何かしらの解決を図ることができる問題のひとつなのだ。この国には有色人種に対する法的障壁といったものは存在しないし、さらに言えば肌の色に関する人々の好悪も極めて少ない(インドでの私たちの行いが示す通り、これはイギリスの人々が本質的に善良であるからではない。イギリス自体に肌の色による人種問題が存在しないという事実によるものだ)。

やっかい事は決まって同じやり方で起きる。ホテル、レストランといった場所には金払いがよく、インド人や黒人との付き合いを嫌う人々がよく出入りする。彼らは店の経営者に対して、有色人種を立ち入り禁止にしなければ別のところに行くと言うのだ。そうした人間は極めて少ないし、経営者は彼らの意見に同意はしないだろうが、経営者にとって金払いのいい顧客を見逃すことは難しいので有色人種の立ち入り禁止が図られるのだ。こうした出来事は世論が注意を払い、有色人種が侮辱された場合には相手がどんな権力者だろうが不満の声が上がるようになれば起きようはずもないものだ。立証可能な、肌の色による差別の実例を知った者は誰であれ常にそれをおおやけにすべきだ。さもなければ私たちの中に存在するごくわずかな割合の肌の色に偏見を持つ俗物が無数の悪さをおこない、イギリスの人々はそれに対する汚名を着せられることになる。全体としてみればそれは謂れのないものなのだ。

一九二〇年代、アメリカ人旅行客がタバコの売店やブリキの小便器と同じくらいパリの景観の一部となっていた頃には有色人種立ち入り禁止の兆しはフランスにさえ現われはじめていた。アメリカ人たちは湯水のように金を使い、レストラン経営者やそれに類した人々は彼らを無視することができなかったのだ。ある夜のことだ。とある非常に有名なカフェでのダンスパーティーで、何人かのアメリカ人たちがそこにエジプト人の女性を連れた黒人がいることに文句をつけた。弱々しい抗議が起きた後、その店の経営者は要求を受け入れ、その黒人は追い出された。

翌朝、ひどい騒動が巻き起こり、カフェの経営者は政府の高官の前に引きずり出されて起訴すると脅された。無礼を働かれた黒人はハイチの大使だったのだ。こうした種類の人々であればたいていは償いを受けることもできるだろう。しかし私たちのほとんどは大使となるような幸運には恵まれていないし、ごく普通のインド人や黒人、中国人がしみったれた侮辱から身を守ることができるとすればそれは他のごく普通の人々が進んで彼らの味方になって働きかける場合だけなのだ。

1944年8月11日
Tribune

関連

目次