アメリカ大統領就任演説

リチャード・ニクソン第一期大統領就任演説


1969年1月20日

ダークセン上院議員、合衆国最高裁判所長官、副大統領、ジョンソン大統領、ハンフリー副大統領、そしてアメリカ国民のみなさん、そして世界中の国々のみなさん。

私はあなたがたに今日、この荘厳な時を私と共有することをお願いしたい。整然とした権力の委譲において、われわれに自由をもたらす団結を祝いましょう。

歴史上のどの瞬間も、うつろい行き、かけがえがなく、同じ時は二度とはもどってきません。しかし始まりとして突出している時もあり、そのような時に、何十年、何世紀ものわれわれの針路が決まるのです。

今がまさしくそのような時です。

人類の多くの人のもっとも深い願いがついに実現するという希望が、初めてかなう方向に力が集結しつつあります。急速な変化はわれわれが生きている間に、かつてだったら何世紀もかかったことだろう進歩をこの目でみることを可能にしました。

宇宙の果てをひろげて来たわれわれは、地上において新たな地平線を見つけ出しましょう。

世界の人々が平和をもとめ、世界のリーダーたちが戦争を恐れ、その結果、歴史上はじめて時代が平和を支持しているのです。

今から8年後、アメリカは国として200年の記念を祝うことになります。ほとんどの人が生きているあいだに、人類は1000年に一度しかない新しい年、3回目のミレニアムの初めを祝うことになるでしょう。

われわれがどのような国になるのか、われわれがどのような世界に生きるのか、われわれが希望するような未来を築けるかどうかは、あくまでわれわれの行動と選択によるのです。

歴史が捧げる一番の名誉は、平和への調停者の称号でしょう。この名誉は、現在アメリカに手招きをしています。世界がとうとう動乱の谷から抜け出して、人類が文明の夜明けから夢見てきた平和な高台へと至る機会があるのです。

もしわれわれが成功すれば、来たる世代は、われわれが時を支配し、人類にとって世界が平和になるのを助けたと語ることでしょう。

これがわれわれの偉大さへの呼びかけです。

わたしは、アメリカ国民がその呼びかけへ答える準備ができていると信じています。

この世紀の2/3は、誇るべき成果をあげたときでした。われわれは科学、産業、農業において大きな発展をなしとげました。われわれは今までより、広範囲に富を分配しなければなりません。われわれはとうとう、現代の経済がたえまなく発展するように管理することを学んできました。

われわれは、自由に新たな広がりをもたらしてきました。そして白人だけでなく黒人に対しても、その約束を実現しはじめてきています。

われわれは、将来の希望を今日の若者にみることができます。私はアメリカの若者をよく知っているし、信じています。われわれは、歴史上のどの世代とくらべても若者が十分に教育をうけ、よりかかわりをもたれ、良心によって積極的に行動することを誇ることができるのです。

歴史上これほど公正で豊かな社会を築き上げること、もしくはこれほどそうする意思をもったことに近づいたときはありません。われわれの力は強大ですが、また弱さを率直に評価し、希望をもってその弱さをとりあげることができるのです。

1/3世紀近く前に同じ場所に立ち、フランクリン・デラノ・ルーズベルトは不況に打ちひしがれ、恐怖にとらわれていた国民に演説をしました。国難をきりぬけるためにこう言ったのです。「神に感謝します、それは物質にかかわることだけなのです」

われわれの今日の危機は、その逆なのです。

われわれは物質的には豊かになったが、精神においてはみじめなものです。かなりの正確さでもって月に到着できるのに、地球上の騒々しい争いに巻き込まれているのです。

われわれは平和を望みながら、戦争に足をすくわれています。われわれは団結を望みながら、分離しています。われわれは充実した人生を望みながら、自らのまわりで空虚な人生を目にしています。われわれは、他人が助けてくれるのを待ちながら、するべき仕事をただ見ているだけなのです。

精神の危機に対しては、精神でもってこたえる必要があります。

その答えをみつけるためには、われわれは自身をみつめなければなりません。

われわれが「われわれ自身のよいほうの天使」に耳をかたむければ、善良さ、礼儀正しさ、愛、やさしさなど簡潔なこと、基本的なことを祝福するのがわかるでしょう。

偉大さは、簡潔なもののなかにあるのです。

もしわれわれが自身を引き裂いているものを乗り越え、団結するものとして強固になろうとすれば、簡潔なことが今日もっとも必要とされているのです。

われわれの不満の声を小さくするのも、簡潔なものでしょう。

ここ数年の苦境にあって、アメリカは議論に苦しんできました。思い上がった美辞麗句で出来る以上のことを約束し、怒りにみちた言葉で不満を憎悪にかきたてました。そして大げさな言葉で、行動をうながす代わりに気取ったポースをとらせてきたのです。

われわれはお互いにどなりあうことをやめるまでは、お互いから学ぶことはできません。われわれが自身の声だけではなく、議論を聞き取れるほどに落ちついて話すまではです。

その点については、政府は耳を傾けます。われわれは新しい方法で、耳を傾けようと努力していきます。静かなる怒りの声や、口論ではない声や、心の声や、傷ついたものの声や、不安な声や、人に聞かれることをあきらめてしまった声に耳を傾けます。

疎外されてきた人たちへも、われわれは参加するようにうながしたい。

取り残された人たちへも、われわれは追いつくように助けたい。

全ての人たちへ、われわれはゴールとして、進歩を可能とし、安全な生活を送れるようにするふさわしい状態を整えたい。

われわれの希望へと近づいていくために、われわれのすることは、以前になくなったものの上に築き上げることです。古いものから遠ざかるのではなく、新しいものへと向かって行くことである。

この1/3世紀には、歴史上のどのときよりも政府はたくさんの法律を成立させ、多くの費用をつかい、多くのプログラムをはじめてきました。

完全雇用、よりよい住宅、すばらしい教育のゴールを追い求めましょう。都市を再生させ、地方の生活も改善しましょう。環境を守り、生活の質を向上させましょう。これらすべてや、より多くの分野で、われわれは急いで前進しなければならない。

われわれは、海外の戦争での破壊から本国で本当に必要なものへと、われわれの富が移転できるときに備えなければならない。

アメリカン・ドリームは、眠りほうけているものには実現することはできない。

しかしわれわれは、政府が単独でできることの限界に近づきつつある。

われわれの現在の一番の要求は、政府以上のところへ達することである、多くの人が関心をもち、関わっていくようにしたいということである。

しなければならないことは、政府と国民がともに取り組まなければならない。そうでなければ、それは全くなしとげることはできないだろう。過去の苦悩の教訓は、国民の助けがなければ、われわれはなにもできないが、国民の助けがあればわれわれは何でもできるということである。

われわれの偉大な仕事につり合うように、われわれには人々の力が必要なのである。大事業だけではなく、こういう小さなすばらしい努力にも参加するような人々の力が。その小さなすばらしい努力とは、全国的な雑誌のかわりに、地方紙のヘッドラインをかざるようなものである。

これらをもって、われわれは偉大な精神の伽藍を作り上げようとしている。われわれ一人一人が、一度に一つの石を、つまり隣人に手をさしのべたり、助けたり、ケアしたり、なにかをしたりすることをつみあげることで、作り上げるのです。

私は平凡で安穏とした人生について、話しているわけではない。私は、残酷で犠牲に満ちた人生を求めているわけでもない。私はあなたがたに、思い切った冒険に加わらないかと頼んでいるのです。その冒険は、人類愛と同じくらい豊かなもので、われわれが生きている時と同じくらい興奮させるものである。

自由の本質とは、われわれ一人一人が自分自身の運命を形づくることに加わるということです。

自分より大きな大義の一部分でなければ、その人は決して本当に完全とはいえないのです。

成し遂げるには、われわれの才能を利用しなければなりません。われわれは、才能の利用を促進する精神の高潔さを持つようにしよう。

われわれがなしとげられることを評価するために、われわれは出来るとわかっていることだけを約束しよう。ただ目的の大まかな計画をえがき、夢をみることによりわれわれの気分は高揚するだろう。

誰一人、隣人が自由でないあいだは、完全に自由とはいえない。完全に前進するということは、ともに前進することである。

これは、白人と黒人が二つではなく一つの国として手をとりあうことも意味している。法律がわれわれの良心に追いついてくるのです。残っているのは、法律の中にあるものに生命をふきこむことです。それは最終的には、神の前で尊厳において生まれながらにして平等であると同時に、人の世でも尊厳において生まれながらに平等であることを保証することなのです。

われわれが本国においてともに前進するということを学べば、全人類においても、ともに前進することを模索できるでしょう。

これをわれわれの目的としよう。平和がないところで、平和が歓迎されるようにしよう。平和がもろいところで、平和を強固なものとしよう。平和が一時的なところで、平和が永遠のものとしよう。

対決のときをへて、われわれは交渉のときを迎えている。

全ての国々にこの政権下では、われわれとのコミュニケーションの扉は開かれていることを知らせよう。

われわれは開かれた世界を求めている。アイデアや、物や人の交流に開かれている世界を、つまり全ての人が、数の多少にかかわらず、怒りにみちた孤立のなかで人生を送ることがない世界を。

われわれは全ての人が味方になることを望むわけではない、ただしわれわれは敵を一人もいないようにすることはできる。

われわれの敵になるような相手に対しては、われわれは平和な競争をすすめたい。領土を侵攻したり、支配を拡張したりすることなく、人々の生活を豊かにするような競争を。

われわれが宇宙の開拓をすすめれば、新しい世界へともに行くこととなる。それは征服する新世界ではなく、共有できる新しい冒険となる。

一緒に加わろうとするものとともに、平和を確かなものとするために、貧しいものと飢えるものを救うために、われわれは協力して武器を削減しよう。

弱さに誘惑されるすべての人に対しては、われわれが必要とされるかぎりは、必要とされるだけ強くあることを疑わせないようにしよう。

ここ20年間、私は新人下院議員としてこの首都にはじめてやってきたときから、世界中の国々のほとんどを来訪してきた。

私は世界のリーダーのほとんどと面識がある。そして世界を分断している戦力も、憎悪も恐怖も経験してきた。

私は、平和がそれを望むだけでは到来しないことを知っている。何日もいや何年もがまんしたり続いている悲劇には、代替するものがないということを私は知っている。

私はまた世界中の人々を知っている。

私は飢えた小さい子供を見たこともあるし、戦闘で傷ついた人の苦しみや息子を亡くした母親の悲しみを見たこともある。そこには、イデオロギーも人種もなんの関係もない。

私はアメリカを知っている。私は、アメリカの本質がよいものであることを知っている。

私は自分の心の底から、そして私の国の心底から、われわれが苦しむものや悲しむものに抱いている深い関心について話している。

私は今日、神と国民の前で、アメリカ合衆国を支持し守る誓いをたてました。この誓いに私は神聖な宣言をつけくわえたいと思います。私は執務室のスタッフの力と、私の全精力と私がもつ全ての知恵を、国々のあいだの平和の大義へとささげるということを。

強いものも弱いものも同じように、このメッセージを聞いて欲しい。

われわれが勝ち取ろうとしている平和は、他の人々への勝利ではない。「その羽を癒す」平和である。苦しんでいるものへの同情をいだき、われわれと対立してきたものへの理解を示し、世界中の人々に自分自身の運命の選択をできる機会をもたらす平和なのです。

たった数週間前に、われわれは神がみた人類の最初の光の栄光を共有しました。つまり暗闇で光を反射する唯一の球体をみたのです。

アポロ号の宇宙飛行士が、月の灰色の表面をクリスマス・イブに飛んだとき、宇宙飛行士たちはわれわれに地球の美しさについて語った。そしてその声は月との距離があるにもかかわらず明瞭で、それを聞くと神の地球への美しさへの祝福をわれわれに思いおこさせた。

その瞬間に月からみた景色が、詩人のアーチバルド・マックレイシュを感動させ、こう書かせている。

「ありのままの地球をみると、永遠の沈黙のなかで浮遊し、小さくて青く美しく、われわれはともに地球の上に乗っているのであり、永遠の冷たさの中での暖かいすばらしい兄弟であり、今や本当に兄弟であることを知っている兄弟であることがわかるのだ」

すばらしい技術的な勝利のときに、人類はその目を自分の国と人類にむけなければならない。そこには地球での人類の運命は、分割できないという考えをみることができる。そして、われわれに宇宙のどこまで到達しても、われわれの運命は星々にではなく、地球、つまりわれわれの手の中、われわれの心の中にあるのだということを教えてくれる。

われわれは、アメリカの精神における長い夜を耐えてきた。しかしわれわれの目は夜明けの最初の光がかすんでいるのを捕らえている。残りの暗さをのろうのはやめよう。光をあつめようではないか。

われわれの運命は、絶望のコップではなく、機会の聖杯をさしだしている。われわれは恐怖ではなく、喜びのなかでその聖杯をつかもう。そして「ともに地球の乗り手であろう」、前進しよう、信念をかたくもち、目的をしっかりさせ、危険に注意しよう。しかし神の意志と人類の約束に信頼をおくことで、われわれは励まされているのである。


目次
©2001 katokt. この版権表示を残す限りにおいてこの翻訳は商業利用を含む複製、再配布が自由に認められる。プロジェクト杉田玄白 (http://www.genpaku.org/) 正式参加作品。