奇談, ラフカディオ・ハーン(小泉八雲)

化け蜘蛛


かなり昔の本では、日本にはたくさんの化け蜘蛛がいたのだと言う。庶民の何人かは、まだ化け蜘蛛は居ると主張する。昼の間は普通の蜘蛛と変わらないが、夜がかなり更けて、誰もが眠りにつくと、音も無くとてもとても大きくなって、恐ろしい事をする。化け蜘蛛はまた、人の姿をとる不思議な力を持つとうわさされ──そうして人々を欺く。そういった蜘蛛にまつわる有名な日本の話が有る。

かつて田舎の淋しいところに、化け物が出る寺が有った。その建物には妖かしがとり憑いているせいで、誰も住めなかった。化け物を退治するために何度か勇敢な侍がその場所に向かった。だが寺に入った後の話を再び聞くことは無かった。

勇気と賢明さで名高い最後のひとりは、夜の間に寺を見張りに行った。そして、そこまで付き添った人達に言った──「朝になってもまだ生きていたら、寺の鐘を鳴らしてやろう。」それから提灯の明かりを頼りに、独りで見に行った。

夜が更けた頃、彼はほこりまみれの仏画に見守られた祭壇の下に身をかがめた。真夜中を過ぎるまで、おかしな物は何も見えず、物音ひとつ聞こえなかった。それから体が半分だけのひとつ目の化け物がやって来て言った。「人臭い」しかし侍は動かなかった。化け物は去った。

それから坊さんがやって来て三味線をとても上手に弾いたが、これは人の演奏ではないと侍は確信した。すぐに刀を抜いて跳び上がった。坊さんは彼を見て大声を出して笑いながら言った──あんたはわしが化け物だと思いなさるかね、なんてこった、わしはこの寺のただの坊主ですが、化け物を近づけないために演奏していました。──この三味線の音はお気に召しませんでしたか、ちょっと弾いてくださいな。」

そして差し出された楽器を侍はかなり慎重に左手で握った。だが三味線は即座に巨大な蜘蛛のあみに変わり、坊さんは化け蜘蛛になって、武士は自分が左手からしっかり蜘蛛の網に捕らえられたのが分かった。勇敢に暴れ蜘蛛を刀で斬りつけ傷を負わせたが、すぐに網の中で絡まってしまい、じっとするより他はなく動けなくなった。

けれども負傷した蜘蛛は、のろのろと逃げていった──そして日が昇った。少ししてから人々がやって来て、恐ろしい網の中の侍を見つけ出し解放した。彼らは床の上の血のあとを見付け、跡をたどっていくと寺の外の人気の無い庭に穴が見付かった。穴の外まで恐ろしいうなり声がしていた。穴の中に負傷した化け物を見付け出して殺した。

「日本お伽噺シリーズ」より


<< 前へ 目次 次へ >>
©2018 小林幸治.