八十日間世界一周 ジュール・ヴェルヌ

フィックス探偵が全く自然な苛立ちを表すこと


前にあげたような速達電信が送られた理由は次のとおりである。

十月九日水曜日午前十一時、半島・極東株式会社に所属しているモンゴリア号(鉄製・二千八百トン積み、五百馬力)が、スエズに入港する予定だった。モンゴリア号は、ブリンシジからスエズ運河を経てボンペイに至る航路を規則正しく往復しており、会社が所有する船の中で最も船足が速かったので、ブリンシジ~スエズ間を時速十ノット、スエズ~ボンペイ間を九.五ノットをそれぞれ超える速度で運行していた。

波止場を二人の人が歩きまわっていた。もちろん他にも現地人や外国人は大勢波止場にいた。ここはかつて集落が散在しているだけの場所だけだったけれども、M.レセップス氏のおかげですざましい勢いで発展していたのだ。

ひとりはスエズに駐在している英国領事であった。スエズ運河は、英国政府やスチーブンソンの悲観的な声に負けずに開通し、英国とインドの距離を、喜望峰経由で迂回するのと比べて半分にしたのである。その偉大なる運河を通って、いろいろな場所へ向かう船を、領事館の窓から眺めているのが領事の習慣であった。もうひとりは背が低く、知的ではあるが神経質な感じを漂わせていた。眼光は鋭く、眉を絶え間なくピクピク動かしていた。明らかにいらだっていた。神経質にあちこち動きまわり、少しも静止することはなかった。この男はフィックスといい、例の銀行強盗を捜し出すために英国から急きょ派遣された探偵の一員であった。フィックスは、スエズに到着する乗客を丹念に見ていくよう命じられていた。そして、疑わしかったり、犯人の特徴と一致している人物がその中にいたら、尾行するように、という職務命令を受けていた。彼は以上の命令を二日前にロンドンの警察本部で受けたのだった。

フィックスは、莫大な成功報酬を得られるという確信を持って、モンゴリア号を(苛立ちをみせなから)待っていた。

「領事殿、確かなんですね。」フィックスはもう二回も同じことを繰り返していた。「モンゴリア号は決して延着しないんですね。」

「遅れませんよ、フィックスさん。」領事は言い返した。「船は昨日ポートサイドから通信してきました。残りの距離は、あの船にとってものの数ではないですよ。先ほどから何度も言っているとおり、モンゴリア号は会社が決めた時間よりもいつも早く到着しているんです。それで賞をもらっているんですよ。」

「船はブリンシジから直接ここへ来るんでしたね。」

「直接来ます。ブリンシジでインドへの手紙を積み込んで、土曜日の午後五時に出発したんです。我慢ですよ、フィックスさん。船は遅れませんよ。しかしですね、私はあなたが持っている人相書きから、そのような男を見つけられるとは思いませんよ、彼がモンゴリア号に乗っていたとしてですが。」

「領事殿、そのような男の存在は、見るというよりも感じとるのです。においをかぎ取らなくてはなりません。聞く・見るといった感覚を司《つかさど》る、第六感でつかむのです。私は今まで、紳士づらした奴らを何人も逮捕してきました。もしも泥棒が船に乗っていたら、答えはおのずとでてきます。彼は私の手に捕まるのです。」

「そう願っていますよ、フィックスさん。なにしろ賊は大量に盗んでいったんですから。」

「大した賊ですぞ、領事殿。五万五千ポンド! こんな賊にはめったに出会えないですぞ。近ごろの賊はみみっちくなったものだ! ほんのわずかな金で絞首刑となってるんですからな。」

「フィックスさん。」領事が言葉をはさんだ。「あなたのおっしゃることには共感できますし、あなたが成功することを望んでおります。しかし、私には簡単にことが運ぶとは思えませんね。あなたが持っている人相書きを見ると、いかにも善良な人間と私には思えるのですが。」

「領事殿。」探偵は断言した。「偉大なる泥棒は善良に見えるものなのです。卑しい顔を持つ奴にはひとつしか道はありません。正直なところを見せるしかないのです。さもなければすぐに捕まってしまうのです。正直さを装う賊の仮面をはぐのは、いわゆる芸術なのです。それが簡単な仕事でないことは私も認めます。しかし、それは真のアートなのです。」

フィックス氏は明らかに自信過剰気味であった。

波止場が少しずつ活気づいてきた。様々な国籍を持つ船員、商人、船のあっせん屋、ボーイ、農夫たちが、汽船がすぐ着くだろうということで、あちこち駆けまわっていた。天候は良かった。ただ肌寒くはあった。街の高等が、太陽のぼんやりとした光のもとで、家の上にぼうっと見えていた。二千ヤードほどの長さの防波堤が、停泊地にのびていた。小型漁船や海岸をいく船の数(何隻かは古代ガレー船の様式を残していた)を、紅海の上で数えることができるような雰囲気であった。

フィックスは、忙しく立ち回っている群衆の間を歩きまわった。その間にも熱心に通行人を調べ、怪しいやつがいないかと、ひとりひとり見ていった。

港にある時計の鐘が十時半を告げた。

「船が来ない!」フィックスが叫んだ。

「すぐ近くに来てますよ。」領事がフィックスに言った。

「スエズにはどれくらい寄港するのですか?」

「四時間です。石炭を補給するためです。スエズから紅海の終わりにあるアデンまでは千三百十マイルありますから、新たに石炭を追加しないといけないのです。」

「スエズから直接ボンペイに来るんですね?」

「どこにも寄りません。」

「よろしい!」フィックスは言った。「やつが乗っているならば、まちがいなくスエズで降ります。それから、別の道を使ってオランダかフランスの植民地に向かうでしょう。やつはインドに安息の地はないものと心得ているはずです。インドは英国の植民地ですからね。」

「思うに、やつは素晴らしく頭がいいのでしょう。」領事はフィックスに異を唱えた。「英国で罪を犯したものは、他のどこよりもロンドンに潜むのを常とするのは、あなたもご存じのはずですが。」

この意見に探偵は考えこんだ。一方、領事は自分のオフィスへ去っていった。フィックスはひとりになり、ますます落ち着かなくなった。泥棒はモンゴリア号に乗っている、という考えにとりつかれていたのだ。もし泥棒がロンドンから新大陸へ逃げこむつもりならば、きっとインドを経由する道を選ぶだろう。この道はほとんど見張られていないのだから、大西洋を渡るより簡単に逃げられるのだ。

フィックスがこのような考えにふけっているとき、汽笛が鳴り響き、我に返った。モンゴリア号が到着するのだ。かつぎ人夫や農夫たちが波止場に殺到し、一ダースほどの船が岸壁からモンゴリア号に向かっていった。まもなく、巨大な船影が防波堤の間を通過してきた。船が港に停泊したとき、十一時を告げる鐘が鳴った。船にはたいへん多くの乗客が乗っており、いく人かは、この街がみせる絵のような風景を味わおうと甲板に残っていた。他の乗客はボートで上陸し、波止場にやってきた。フィックスは配置につき、慎重に、上陸してきた乗客の顔や表情を観察してきた。ほどなくして、一人の男が、まとわりつく人夫たちを押しのけて、フィックスのいる場所にやってきた。その乗客はフィックスに、英国の領事館はどこにあるのでしょうかと尋ねてきた。同時に、査証してもらうために持ってきたパスポートをフィックスにみせた。フィックスは本能的に、パスポートをうけとって、その記述をすばやく読んだ。彼は驚きの表情を無意識に押さえ込んでいた。パスポートの記述が、スコットランドヤードから配られた銀行強盗の人相書きと、すべて一致していたのである。

「これはあなたのパスポートなのですか?」彼はパスポートを持ってきた人に聞いた。

「いいえ、私の主人のものです。」

「では、ご主人は―。」

「船に残っています。」

「ご主人が自ら領事館に出頭しなければなりません。パスポートが本人のものであることを証明する必要があるのです。」

「それは必要なことでしょうか。」

「絶対必要です。」

「それで、領事館はどこにあるのでしょうか?」

「あそこです、あの広場の角にあります。」フィックスは、二百歩離れた先の建物を指し示した。

「船へ戻って、ご主人様を連れてまいりましょう。しかし、あの方はさぞおっくうがることでしょう。」

乗客はフィックスにおじぎをして、船に戻っていった。


<< 前へ 目次 次へ >>
©2000-2005 SOGO_e-text_library. この版権表示を残すかぎりにおいて、商業利用を含む複製・再配布が自由に認められる。プロジェクト杉田玄白 (http://www.genpaku.org/) 正式参加作品。