メイカーズ コリイ・ドクトロウ 第一部

第九章


ローガンで顔をあわせるとティジャンは彼女のバッグを手にとった。「私と会う時間があるなんて驚いたわ」彼女は言った。月日は彼にいい結果をもたらしたらしく彼の突き出ていた腹は痩せて引っ込み、その目は輝いていた。

「すばらしい組織を作りましたからね」ロードアイランドを目指して郊外の小さなショッピングモールや古い板が打ち付けられたレストランチェーン店の間を走っていく車の中で彼は言った。あらゆる場所に産業の兆しがあった。古びた店先に作られた作業場、使い捨ての音楽プレーヤーやデジタル製のブーブークッションといったものを売る露店。「私はめったに顔を出す必要がないんです」

ティジャンは絶えず大きなあくびをしていた。「時差ぼけです」そう言って彼は謝った。「二、三日前にロシアから戻ったばかりでね」

「お子さんには会ったの?」彼女は聞いた。「むこうのビジネスはどう?」

「子供たちにも会いましたよ」彼は言ってほほえんだ。「彼らはすばらしい。わかりますか? いい子たちです。信じられないほど賢い。本当に小さな経営者なんです。年上の子、レニチカですが、彼女はベビーシッターサービスを経営しています……自分がベビーシッターをするんじゃない。そう、つまり他の子供を雇ってベビーシッターをやらせて彼女は管理手数料の徴収と品質管理をやっているんです」

「間違いなくあなたの子供ね」彼女は言った。「ところでウェスティングハウスでのプロジェクトのことを詳しく教えてくれる」

もちろん彼女はそのプロジェクトをずっと追いかけていた。プロジェクトに参加しているたくさんの小さなスタートアップはそれぞれがブログやそれに類したものを持っていた。しかしティジャンは全くためらうことなくスタートアップの利益や損失について語り、ホテルに到着するまでの間、彼女は話の内容を全てメモすることに追われた。ティジャンは彼女を降ろすと翌朝迎えに来て自分の最も優れたチームのVIP待遇ツアーに連れて行くと約束した。それから彼女はチェックインへと向かっていった。

誰かが彼女の肩を強くつかんだのは彼女がキーを受け取っている最中だった。「血まみれスザンヌ・チャーチ! いったいここで何をやってるんだい、君?」

瞬時に死骸のような息の臭いが立ち込める。彼女はゆっくりと振り向いた。ロードアイランドの片田舎でよりによって出っ歯のねずみのフレディと同じホテルにチェックインをしてしまったなどと信じたくはなかった。

「あら、フレディ」彼女は言った。その姿を目にするや彼女はホテル備え付けのボールペンをその喉元に繰り返し突き刺したいという本能的な衝動に襲われた。無精ひげを生やした醜い喉仏を上下に動かして唾を飲み込むと彼は陰険な笑みを浮かべた。「お目にかかれて嬉しいわ」

「僕こそ会えて最高の気分だ! ここにはウェスティングハウスの株主総会を取材しに来たんだけど君もそうかな?」

「いいえ」彼女は答えた。株主総会が今週あることは彼女も知っていたが出席する予定はなかった。プレスカンファレンスにはずいぶん長いこと参加していない。現場からのレポートの方が好きなのだ。「まあ、会えて嬉しいわ」

「ああ一杯やらないか」彼は言ってさらに陰険にほほえんだ。鮫のような笑みとともに灰色の歯があらわになる。「さあ行こう……ここは無料のカクテルアワーがあるんだ。無料ドリンクを断るっていうならジャーナリスト組合に君のことを報告しなくちゃならなくなる」

「『ブロガー』がジャーナリスト組合のことを気にしなくちゃいけないとは思えないけど」彼にも意味がわかるように彼女はブロガーという言葉を強調して皮肉るように言った。彼はそれにも気がつかなかったようで代わりに笑っただけだ。

「おいおい、君。たとえ唯一にして真なる信仰から堕落したからといって彼らは君を見捨てたりしないぞ」

「おやすみなさい。フレディ」それがわめき声を立てずに彼女が口にできた唯一の言葉だった。

「OK、おやすみ」彼女を抱きしめようとしながら彼が言った。彼が向かってきた瞬間、彼女の堪忍袋の緒が切れた。

「動くな。あんたは私の友達じゃない。触れたくもない。汚らわしい。あんたの息はあふれたキャンプのトイレみたいな臭いがするのよ。あんたの記事は私と私の大事な人たちへの卑劣な個人攻撃だ。あんたは不公正で卑劣だし文章も下手くそ。フレディ、あんたが火事にでも遭わない限りあんたのことなんか知ったことじゃないわ。その小さな小さな金玉を臭い口まで蹴り上げられたくなかったらとっとと私の前から消え失せるのね」

彼女は小声で話したが背後のフロント係は聞こえたらしく忍び笑いした。フレディの笑顔は一瞬だけ強張ったがすぐに元に戻り、さらに盛大な笑顔になった。

「うまい言い回しだ」そう言って彼は慇懃に拍手をしてみせた。「よく休むといい。スザンヌ」

部屋までたどり着く間、彼女は怒りっぱなしだった。空腹を感じると彼女はルームサービスを頼んだ。まだロビーにいるかもしれない出っ歯のねずみのフレディと顔をあわせるのはごめんだった。


前へ 目次 次へ