メイカーズ コリイ・ドクトロウ 第三部

第五十二章


電話を待つサミーは爆発寸前だった。ゴルフカートに乗り込むと彼はアニマル・キングダム・ロッジを目指した。アニマル・キングダムのサファリパーク部分の背後に面した場所だ。その豪華なホテルの屋上に忍び込むと人口のサバンナを見渡すことができるのだ。彼は携帯電話についたカメラを使って小さなキリンの子供の催眠作用でもありそうな模様を拡大して眺めたり、食事をするキリンの家族を観察したりして過ごした。そうしていると気分も落ち着いてきた。突然、携帯電話が大きな音で鳴り出し、もう少しで彼は屋上から転がり落ちそうになった。心臓を高鳴らせながら彼は電話に出た。

「サミーさんですか?」

「ええ」彼は答えた。

「ランドン・ケトルウェルです」電話の向こうの声が名乗った。もちろんサミーはその名前を知っていた。しかし彼から電話がかかってくるというのは想定外の事態だ。

「こんにちわ。ケトルウェルさん」

「彼らに代わりに交渉してくれるように頼まれてね。無理もない……私の手を借りなければ実現の難しい案件だ。君も了解してくれるといいんだが」

「確かに無理もないことです」サミーは曖昧に答えた。今日は良くないことばかり起きる。キリンはどこかに消えてしまったが鶴の群れが壮麗な姿を見せながら静かに頭上を旋回していた。

「私たちがどこにいるか教えましょう。私たちはあなたと取引を行うつもりです。フェアなやり方でね。ですが取引条件として私たちでフレディを撃退することを提案したい」

「なんですって?」

「この取引に関する嘘の情報をやつに流すつもりです。それも大量に。やつに事の顛末を全て話します。やつがそれを公表するのを待ってそれから……」

サミーは屋上に座り込んだ。長い話し合いになりそうだった。


前へ 目次 次へ